言葉

「節約」と「倹約」の違いは何?

節約」と「倹約」、どちらも日常的に使われる無駄なものなどを省いて切り詰める、という意味を持っていますが、何が違うのかご存知でしょうか。

同じ意味で、また混同して使われることが多い「節約」と「倹約」、これらの違い、意味について一緒に見ていきましょう。

「節約」「倹約」とは

「節約」「倹約」とは

「節約」について詳しく

「節約」とは無駄なものを切り詰めること・無駄遣いを制限することという意味があります。「節約」の「節」にはけじめ、区切り、抑えるという意味があり、「約」には引き締める、控えめにするという意味があり、これらが組み合わさって「節約」となっています。

電気代や水道代などのお金に関係することはもちろんのこと、資源や材料といった様々なものの無駄を切り詰める際に使われる言葉です。

また、電気代を「節約」するのであれば「節電」、水・水道代を「節約」するのであれば「節水」といったように、「節約」とそれぞれを組み合わせた言葉もあります。

自分自身を律して無駄なものを切り詰めるということから、プラスの印象を抱かれることが多いです。

「倹約」について詳しく

「倹約」とはお金を切り詰めて無駄な出費をなくすこと・また、そうなるように努めることという意味があります。「倹約」の「倹」には質素、慎ましい、贅沢をしないという意味があり、引き締める、控えめにするという意味がある「約」と組み合わさった言葉です。

パッと意味だけを見ると「節約」と同じように思われしまいがちですが、「倹約」はお金が関係しているものにしか使うことができません。なので、電気代を「倹約」する、資源を「倹約」するといった使い方はできないので注意です。

質素な生活をするためにお金のみを切り詰めるので、「ケチ」などのマイナスなイメージで捉えられてしまうこともあります。

「節約」と「倹約」の違い

「節約」と「倹約」の違い

範囲の違い

「節約」と「倹約」は無駄なものを切り詰めることという意味では共通していますが、その範囲に違いがあります。

「節約」は電気代や水道代などのお金に関係することはもちろんのこと、資源や材料といった様々なものの無駄を切り詰める際に使われますが、「倹約」はお金が関係しているものにしか使うことができません。

「節約」と「倹約」には、これらの言葉を使用する際の範囲の違いがあるんですね。

「節約」と「倹約」の違いは何?まとめ

「節約」と「倹約」の違いは何?まとめ
この記事のまとめ
  • 「節約」とは
    →無駄なものを切り詰めること・無駄遣いを制限すること
  • 「倹約」とは
    →お金を切り詰めて無駄な出費をなくすこと・また、そうなるように努めること
  • 「節約」は様々なものの出費を抑えて切り詰めるという意味ですが、「倹約」はお金が関係しているものにしか使うことができず、その範囲に違いがある

「節約」と「倹約」、意味は同じような漢字ですが、「節約」は様々なものの出費を抑えて切り詰める際に使い、「倹約」はお金が関係しているものにしか使うことができず、その範囲に違いがありました。

意味をしっかりと理解して使い分けていきたいですね。