言葉

「生かす」と「活かす」の違いは何?

「いかす」という言葉には、「生かす」と「活かす」この2つでの漢字の表し方がありますが、これらの違いは何なのか気になったことはないでしょうか。

一般的には「生かす」が使用されることが多いですが、ニュアンスの違いで度々「活かす」も使われることがありますよね。

この記事で、「生かす」と「活かす」の違い、使い分けの仕方について一緒に見ていきましょう。

「生かす」「活かす」とは

「生かす」「活かす」とは

「生かす」について詳しく

「生かす」には生命を維持させる・死にかけたものを生き返らせるという意味があり、主に「生命」に関する事柄で使用される言葉です。同様に後ほど触れる「活かす」とも同じ意味を含みます。

殺す」の対義語となる言葉です。

「生かす」は一般的に社会で使う新聞や雑誌などの公文書などでも使用される「常用漢字」の1つです。「いかす」の漢字で迷ったらこちらの「生かす」を使えば、学校のテストなどの限られたケースを除いて間違いということは無いです。

「活かす」について詳しく

「活かす」には経験や失敗、その対象となるものの特性・能力を有効に活用するという意味があります。「生かす」と同じように生命を保たせる意味もありますが、こちらの意味で使用されることはほとんどなく、上の意味を覚えておけば大丈夫だと思います。

履歴書などで「〜〜の経験をいかす」という場合は「活かす」を用い、特性・能力に関することであればこちらを使うのが一般的です。

「生かす」は公文書などで使用される「常用漢字」ですが、こちらの「活かす」は常用漢字では無いため、公文書などで使用されることはありません。

そのため「活用する」という意味でも「生かす」が使われる場合があるため、文章をよく読んでどんな意味をしているのか確認することが大切です。

また、前述の通り「いかす」の漢字表記で「生かす」「活かす」で迷った場合は学校のテストなどの限られたケースを除いて「生かす」を使用すれば間違い無いです。

「生かす」と「活かす」の違い

「生かす」と「活かす」の違い

「常用漢字」かそうでないかの違い

「生かす」と「活かす」の違いは、「常用漢字」かそうでないかという点です。

「生かす」と「活かす」はそれぞれの意味を見てみますと、それほど違いはないので、日常で使うのであれば「生かす」と「活かす」どちらを使用しても、それほど問題ではありません。

しかし、「生かす」は「常用漢字」、「活かす」はそうで無いため、公文書などでは「常用漢字」である「生かす」こちらが使われます。「常用漢字」はあくまでも目安となる漢字なので、とらわれすぎないようにうまく使い分けていきたいですね。

「生かす」と「活かす」の違いは何?まとめ

「生かす」と「活かす」の違いは何?まとめ
この記事のまとめ
  • 「生かす」とは
    →生命を維持させる・死にかけたものを生き返らせる・「活かす」と同義
  • 「活かす」とは
    →経験や失敗、その対象となるものの特性・能力を有効に活用すること・「生かす」と同義
  • 「生かす」と「活かす」は「常用漢字」かそうでないかというという違いがある

「生かす」と「活かす」の違いについて見ていきました。

日常生活で使用する分にはどちらを使っても問題はないですが、公文書では「常用漢字」である「生かす」が使われます。この点を留意してうまく使い分けていきたいですね。