言葉

「重複」の読み方は「じゅうふく」?「ちょうふく」?正しいのはどっち?

「重複」という言葉がありますが、皆さんはこの言葉を「じゅうふく」と「ちょうふく」、どちらで読んで使っているでしょうか。

どちらも正解のように思われがちですが、実は片方は本来であれば誤った読み方なんです。

「じゅうふく」と「ちょうふく」、どちらが正しいのかこの機会にしっかりと覚えていきましょう。

「じゅうふく」と「ちょうふく」はどちらが正しい?

「じゅうふく」と「ちょうふく」はどちらが正しい?

「重複」の読み方としては「じゅうふく」と「ちょうふく」の2種類があり、一般的にはこの2つの内どちらかの読み方で使いますが、正しい読み方とされているのは「ちょうふく」です。

「じゅうふく」は「慣用読み」と言って元々誤読とされていたものが、世の中に広まっていき浸透したものです。「慣用読み」は「重複」以外にもいくつか言葉があり、「出生(しゅっしょう/しゅっせい)」「早急(さっきゅう/そうきゅう)」「貼付(ちょうふ/てんぷ)」などがあります。(左の読み方が正しく、右の読み方が「慣用読み」です。)

本来であれば「重複」という言葉の読み方は、「ちょうふく」ですが、「じゅうふく」という読み方をする人があまりに多かったので、「慣用読み」という形で特に間違いではないということにしたんですね。

しかし、聞く人が聞けば、それは間違いだと指摘される場合があるので、本来の読み方と「慣用読み」、どちらもしっかりと覚えておきたいところです。

なぜ「じゅうふく」の読み方が広まったのか

「重複」を「じゅうふく」と読んでしまう理由は「重」の読み方が「じゅう」であることが一般的であるためです。

自重(じちょう)」や「重宝(ちょうほう)」など「ちょう」で読む言葉もありますが、「体重」「重心」「重力」など日常会話で使用されるものは「重」の読み方が「じゅう」であることの方が比較的多いです。

そのため、「重複」を「ちょうふく」ではなく「じゅうふく」と読んでしまう方・その読み方で受け入れてしまう方が多いんですね。

昔は「じゅうふく」と読む方が圧倒的でしたが、今では「ちょうふく」で読む方がある程度増えてきていますが、若い世代の方だと「じゅうふく」と読む人の割合の方が大きいようです。

「重複」について

「重複」について

「重複」の意味や読み方についてここでもう1度確認をしておきましょう。

「重複」の意味

「重複」には「同じものが2つ以上重なること・いくつも重なり合うこと」という意味があります。

「重複」の「複」には「複数」「複雑」などで使われているように2つ以上の事柄があることを示しており、それに「重」がつくことによって、その複数あるものが重なる、という意味ですね。

「重複」の読み方

「重複」の本来の読み方は「ちょうふく」、「慣用読み」が「じゅうふく」です。

あまりに多い誤読に対して「慣用読み」という形で特に間違いではないということにしました。なので「じゅうふく」という読み方が間違いという訳ではありませんが、文化庁やNHKなどは本来の読み方である「ちょうふく」の読み方を使っています。

「重複」の読み方は「じゅうふく」?「ちょうふく」?正しいのはどっち?まとめ

「重複」の読み方は「じゅうふく」?「ちょうふく」?正しいのはどっち?まとめ
この記事のまとめ
  • 「重複」の読み方は「ちょうふく」が正しいが、「じゅうふく」は「慣用読み」として特に間違った読み方では無くなっている
  • 「慣用読み」とは元々誤読とされていたものが、世の中に広まっていき浸透したもので、「重複」以外には「出生」「早急」「貼付」などがある

「重複」の読み方は本来「ちょうふく」が正しいですが、みんなが間違った読み方をし続けた結果「慣用読み」という形で「じゅうふく」も正しい読み方ということになりました。

聞く人が聞くと、間違いだと指摘される場合もあると思いますので、本来の読み方と「慣用読み」、どちらもしっかりと覚えておきたいところですね。