言葉

歴史上の「役」「事変」「陣」「変」「乱」これらの違いって?

日本の歴史の中には様々な出来事があり、それらの出来事について覚えるのはかなり根気がいりますよね。

その中で「○○の役」「○○の陣」「○○の変」などの歴史上の出来事の語尾には違いがあります。どれも戦ということに変わりはありませんが、これらはどのように使い分けているのでしょうか。

使い分けを理解することができたら、暗記をするのにも一役買ってくれそうですね。

この記事では、「役」「事変」「陣」「変」「乱」これらの違いについて簡単に解説をしています。

ザックリとした「役」「事変」「陣」「変」「乱」の違い

ザックリとした「役」「事変」「陣」「変」「乱」の違い

ザックリとした「役」「事変」「陣」「変」「乱」の意味の違いについて表にまとめました。

「役」「事変」「陣」「変」「乱」の意味
言葉
意味・定義
「役」 外国や辺境の地での戦い・外国勢力との戦い
「事変」 国家間での、宣戦布告なしに行われた武力行為
「陣」 権力者の命によって、その傘下の勢力が義務的に参集した戦い
「変」 政治権力者に対して起こした反乱が成功し、政治的な変革をもたらした戦い
「乱」 権力者に対して反乱を起こしたが、それが失敗し、権力者が勝利した戦い

「役」について詳しく

「役」について詳しく

役(えき)」は、外国や辺境の地での戦い・外国勢力との戦いの際に主に使われます。

「役」と言えば、鎌倉時代の「元寇」の「文永の役・弘安の役」、豊富秀吉が朝鮮へ出兵をした際の「文禄の役・慶長の役」これが外国勢力との戦い、明治時代に九州で起きた「西南の役(西南戦争)」が辺境で起きた戦いで有名ですね。

しかし、これ以外にも「大阪の陣」のことを「大阪の役」と呼称することもあり、外国や辺境の地での戦い・外国勢力との戦い以外にも使われることがあります。

このことから、「役」というのは戦争の意味の「戦役」からきていることもあり、戦争の際に使われるのではないかともされています。

「事変」について詳しく

「事変」について詳しく

「事変」とは国家間での、宣戦布告なしに行われた武力行為に使われます。

「事変」と言えば、日本と中華民国との間で起きた「満州事変」が記憶に残っていると思います。「満州事変」を簡単に説明しますと、日本が「柳条湖事件」を中華民国が起こしたものとでっち上げて、これを口実に関東軍は満州を占拠した、という事件ですね。

他には「北清事変(義和団事件)」や「第一次上海事変」などがあります。

「陣」について詳しく

「陣」について詳しく

「陣」とは権力者の命によって、その傘下の勢力が義務的に参集した戦い際に使われます。

「陣」と言えば「大阪冬の陣・夏の陣」が有名で、徳川家康の江戸幕府方と、豊臣秀頼の豊臣方が大坂付近で激突した合戦のことで、この結果、徳川軍が勝利し、豊臣氏は滅亡しました。

「陣」はその傘下の勢力が義務的に参集した戦いの際に主に使われますが、それとは別に局地的な戦闘や城攻めの際にも使われることもあるようです。

「変」について詳しく

「変」について詳しく

「変」とは政治権力者に対して起こした反乱が成功し、政治的な変革をもたらした戦いの際に使われます。

「変」と言えば、明智光秀が織田信長を討ち取った「本能寺の変」がとても有名ですね。様々な説があり、何を目的として反乱を起こしたのかは分かりませんが、その時代の権力者である織田信長を明智光秀が討ち取った、政治的な変革をもたらした戦いですね。

他にも日米通商条約の締結に反対する人取り締まったために起きた、井伊直弼が暗殺された「桜田門外ノ変」も有名です。



多くは反乱を起こした側が成功した場合に「変」がつくことが主ですが、中には「禁門の変」といった反乱を起こした側が失敗するというケースもあります。これまでの「役」「事変」「陣」そうでしたが、明確な定義がされているという訳ではないようです。

「乱」について詳しく

「乱」について詳しく

「乱」は権力者に対して反乱を起こしたが、それが失敗し、権力者が勝利した戦いに主に使われます。

その時代の権力者に反乱は起こしたものの、権力者に鎮圧されたという場合に使われ、有名なのは「島原の乱・天草一揆」ですね。これは幕府の弾圧にキリスト教徒が農民を中心に起こした反乱のことです。



多くの場合は朝廷や幕府が派遣する「官軍・幕府軍vs○○」になるのですが、壬申の乱の場合で考えますと「官軍vs官軍」で、大海人皇子(おおあまのおうじ)と、大友皇子(おおとものおうじ)が皇位継承を巡って争いました。

そして結果的には、反乱を起こした大海人皇子が勝利しましたが、これだと上記の「乱」との定義とは異なっており、この場合だと「変」の方がしっくりきますね。

「禁門の変」と同様に「乱」に関しても明確な定義がされているという訳ではないようです。

歴史上の「役」「事変」「陣」「変」「乱」これらの違いって?まとめ

歴史上の「役」「事変」「陣」「変」「乱」これらの違いって?まとめ

「役」「事変」「陣」「変」「乱」これらの違いについて見ていきました。

「役」「事変」「陣」「変」「乱」の意味
言葉
意味・定義
「役」 外国や辺境の地での戦い・外国勢力との戦い
「事変」 国家間での、宣戦布告なしに行われた武力行為
「陣」 権力者の命によって、その傘下の勢力が義務的に参集した戦い
「変」 政治権力者に対して起こした反乱が成功し、政治的な変革をもたらした戦い
「乱」 権力者に対して反乱を起こしたが、それが失敗し、権力者が勝利した戦い

大体は定義ごとに使い分けがされていますが、一部例外のものもあるのが現状のようです。少しスッキリしませんが、歴史は見る立場によって変化する、というのは有名なので、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。