言葉

「ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いは?覚え方とかある?

ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いをご存知でしょうか。違いや意味は知っているけど、どっちがどういう意味か忘れてしまったという方もいると思います。

かくいう私もどっちがどっちだか忘れてしまう事がありました。

この記事では、「ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いや簡単な覚え方について解説しています。

「ダブルベッド」は「ベッド」の大きさを表す言葉

「ダブルベッド」は「ベッド」の大きさを表す言葉

「ダブルベッド」というのは、その「ベッド」の大きさ・サイズを表す言葉です。「ダブルベッド」以外にも「シングル」「セミダブル」「ワイドダブル」「クイーン」「キング」などがあります。

大きさはメーカーや国によって定義が異なるので、多少の差異はあるものの、大体は下の表のようになっています。(※縦の長さは全てが195cm前後になります。)

言葉
意味・定義
「シングル」 横幅80~100cm前後で一般的な1人用のサイズ
「セミダブル」 横幅120cm前後でゆとりを持った1人用のサイズ
「ダブル」 横幅140cm前後で一般的な2人用のサイズ
「ワイドダブル」 横幅150cm前後でゆとりを持った2人用のサイズ
「クイーンサイズ」 横幅170cm前後でゆとりを持った2人用はもちろん、親子で寝ることもできるサイズ
「キングサイズ」 横幅180cm前後でゆとりを持って親子3人で寝る事ができるサイズ

また、上記以外にも「ロング」や「カリフォルニアキング」などのサイズもあります。

ホテルで部屋のタイプを予約するときにはこれらを使って表現し、「シングル」というのはシングルサイズの「シングルベッド」がある部屋、「ダブル」というのはダブルサイズの「ダブルベッド」がそれぞれ1台置いてある部屋、ということになります。

なので、「ダブル」と聞くとベッドが2つあるように感じますが、実際のところは「ダブルというサイズのベッドが1つある」ということになります。

「ダブル」には「シングルの2重・2倍」といった意味があるので、英語の意味で捉えると覚えやすいです。

「ツインベッド」は「ベッド」の数を表す

「ツインベッド」は「ベッド」の数を表す

「ツインベッド」というのは、部屋にある「ベッド」の数を表す言葉で、日本の場合は一般的にはその部屋に2つの「シングルベッド」が置いてある状態を指します。

欧米などでは体格に応じて、「ツインベッド」であっても「シングル」ではなく「ダブル」が置いてある事が多いです。

「ツイン」は部屋に2つの「シングルベッド」が置いてあることを指しますが、ベッドが1台だけの場合「シングル」、3台置いてある場合は「トリプル」という表現をします。

「ツイン」には「双子」という意味があるので、こちらも英語の意味で捉えて覚えると分かりやすいと思います。

ちなみに、「ダブルベッド」または「キングサイズ」のベッドが1台、あるいは「シングルベッド」または「ダブルベッド」が2台置いてある部屋を4人で利用することを「クアッド」と言います。

「ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いは?覚え方とかある?まとめ

「ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いは?覚え方とかある?まとめ

「ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いや簡単な覚え方について見ていきました。

少しややこしいですが、英語の意味をしっかり捉えると分かりやすいですし、覚えやすいです。ホテルに宿泊される際は、1人の場合は「シングルベッド」ではなく、ゆとりが持てるそれを超えるサイズの「ダブルベッド」や「セミダブル」がおすすめです。

「ベッド」が窮屈だと疲れが取れませんし、次の日に響いてしまいます。ぜひ、ホテルでの「ベッド選び」の参考にして見てくださいね。