違い

「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違いは何?

夫婦のうち、女性を表す言葉に「」「」「奥さん」「カミさん」「女房」「家内」など、呼び方には様々なものがあります。どれも同じような意味で捉えられがちですが、実は微妙に意味が異なっているのはご存知でしょうか。もしかしたら日常生活の中・人前で、意味を間違って使っているかもしれません。

この記事で、「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違いについて見ていきましょう。

「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違い

「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違い

「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 」:結婚している女性配偶者
  • 」:自分の息子の配偶者、男性(夫)の両親が家に嫁いできた女性に対して使う言葉
  • 奥さん」:知人もしくは他人の「妻」のこと
  • カミさん」:職業を商人や職人をしている「妻」のこと
  • 女房」:自分の「妻」のことを砕けた言い回しにした言葉
  • 家内」:家の中に住んでいる人、家で家事などをする女性配偶者のこと

同じような意味で使われるこれらの言葉ですが、意味はそれぞれ異なります。自身のパートナーを紹介する際は「妻」と言うのが1番無難だと思います。

「妻」「嫁」「奥さん」「カミさん」「女房」「家内」とは

「妻」「嫁」「奥さん」「カミさん」「女房」「家内」とは

「妻」について詳しく

「妻」とは結婚している女性配偶者のことを指します。

「夫妻」という言葉が分かりやすく、男性配偶者のことを「夫」、女性配偶者のことを「妻」です。古くから「妻」という言葉は存在しており、その当時は婚姻制度というものがなかったので、「親に認められて一緒に生活をしている女性のこと」を指していたようです。

また、現在は「つま」という呼び方ですが、昔は「さい」と呼ぶ方が多かったようです。

「嫁」について詳しく

「嫁」とは自分の息子の配偶者、男性(夫)の両親が家に嫁いできた女性に対して使う言葉です。

そのため「うちの嫁が〜」というような言い方で、自分の配偶者である女性のことを意味するような使い方は間違いです。言葉に厳しい方が聞くと、気分を害されるかもしれないので、しっかりと意味を理解して使っていきたいですね。

「嫁」の対義語は「婿」、こちらも「嫁」とは反対の同じ意味なのでこの辺りも一緒に覚えておきましょう。

「奥さん」について詳しく

「奥さん」とは知人もしくは他人の「妻」のことを指します。

「様」を付けて「奥様」とも言います。

「奥さん」は「奥方(おくがた)」という言葉からきており、本来の意味は、自分(夫)の配偶者のことを指す言葉ではありません。「奥方(おくがた)」の意味は身分が高い人の「妻」のこと、昔から屋敷など奥の方に住んでいる身分の高い人の、人前に出ることが少ない「妻」のことを、敬意を表して「奥様」「奥方」と呼んでいました。

なので、自分の妻のことを「奥さん」や「奥方」というのは間違いになります。ちなみに「奥さん」や「奥方」の対義語となる言葉はありません。

「カミさん」について詳しく

「カミさん」とは職業を商人や職人をしている「妻」のことを指します。

「カミさん」は、元々は「上様」という目上の人を意味する言葉でしたが、時代の変化とともに「おカミさん」や「商人・職人の妻」を意味する言葉に変化していきました。

場合によっては、意味に間違いが生まれる配偶者を意味する言葉です。

「女房」について詳しく

「女房」とは自分の「妻」のことを砕けた言い回しにした言葉です。

また、自分と親しい間柄にある人の配偶者を示す際にも使われます。

「女房」には元々、宮中に部屋を賜って住んだ、身分の高い女官を表す言葉として使われていました。使用人や世話をする人といったニュアンスがあるので、聞く人によっては不快に感じるということもあるので注意です。

「女房」の対義語は「亭主」です。

「家内」について詳しく

「家内」とは、家の中に住んでいる人、家で家事などをする女性配偶者のことを指します。

「家内」という言葉は本来「家の中」という意味ですが、時代が流れていくにつれて上記のような意味へと変化していきました。

専業主婦の場合は「家内」という表現で間違いはないと思いますが、現在ではあまり適した言い方とは言えないかもしれません。

「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違いは何?まとめ

「妻」と「嫁」と「奥さん」と「カミさん」と「女房」と「家内」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「妻」 結婚している女性配偶者 昔は親に認められて一緒に生活をしている女性のことを表しており、「つま」ではなく「さい」と呼んでいた
「嫁」 自分の息子の配偶者、男性(夫)の両親が家に嫁いできた女性に対して使う言葉 対義語は「婿」で、誤用が多い
「奥さん」 知人もしくは他人の「妻」 「奥方(おくがた)」という言葉から来ており、昔から屋敷など奥の方に住んでいる身分の高い人の、人前に出ることが少ない「妻」のことを、敬意を表して
「カミさん」 職業を商人や職人をしている「妻」 元々は「上様」という目上の人を意味する言葉だった
「女房」 自分の「妻」のことを砕けた言い回しにした言葉 対義語は「亭主」で、宮中に部屋を賜って住んだ、身分の高い女官を表す言葉として使われていた
「家内」 家の中に住んでいる人、家で家事などをする女性配偶者 「家内」という言葉は本来「家の中」という意味だった

言い回しに迷った際、会社や飲み会などの席では「妻」と呼ぶのが確実です。これらの違いについて気にする方も一定数いると思いますので、一応頭の中に入れておきたいところですね。ぜひ、参考にされて見てください。

「夫」と「主人」と「旦那」と「亭主」の違いは何?夫婦の内、男性のことを表す言葉として「夫」「主人」「旦那」「亭主」の4つの種類がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 ...
「出身地」と「出生地」の違いは何?私たちが生まれ育ってきた地域、国や県のことを「出身地」「出生地」と言ったりしますが、この2つの違いは何のかご存知でしょうか。 同じ...
「ニッポン」と「ニホン」の違いは何?私たちが住んでいる「日本」という国は、「ニッポン」と「ニホン」という2つの読み方があります。私たちは日常生活やサッカーなどの応援の際に無...