違い

「和牛」と「国産牛」の違いは何?

日本で販売されている牛肉には大きく分けて「和牛」「国産牛」「輸入牛」の3つがあります。

「輸入牛」は海外からやってきたんだなと何となく分かるのですが、「和牛」と「国産牛」は何が違うのでしょうか。「和牛」=「国産牛」と捉えているという方も多いとは思いますが、実はそうではないんです。

この記事で、「和牛」と「国産牛」の違いについて見ていきましょう。

「和牛」と「国産牛」の違い

「和牛」と「国産牛」の違い

「和牛」と「国産牛」の違いは以下の通りです。

  • 和牛」:日本の在来種を何回も繰り返し交配させた牛の品種で、「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種、もしくはこの4品種を交配させたもの
  • 国産牛」:「和牛」以外の全肥育期間の半分以上を日本国内で肥育された牛のこと

「和牛」と「国産牛」は同一のものとして考えられてしまうことが多いですが、「和牛」は品種を、「国産牛」は産地をそれぞれ表しており、明確な違いがあります。

「和牛」「国産牛」とは

「和牛」「国産牛」とは

「和牛」について詳しく

「和牛」とは日本の在来種を何回も繰り返し交配させた牛の品種で、「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種、もしくはこの4品種を交配させたものを指します。

勘違いされることが多いですが、「和牛」は牛の品種を表したものです。

そのため、海外で上記の品種の牛が育てられても、産地は関係がないため、表記は「和牛」もしくは「外国産和牛」となり、この他の品種で「和牛」という名前を使うことは禁止されています。

日本での「和牛」飼育量のうち、そのおよそ9割を「黒毛和種」が占めています。

「国産牛」について詳しく

「国産牛」とは「和牛」以外の全肥育期間の半分以上を日本国内で肥育された牛のことを指します。

「国産牛」は産地を表します。

「国産牛」は全肥育期間の半分以上を日本国内で肥育された牛のことを指すので、例えその牛の産地が海外だったとしても、日本での飼育期間が最も長ければ「国産牛」となります。

日本では「ホルスタイン種」や「アンガス種」「ヘレフォード種」などの国産牛が有名ですが、日本国内のその半分以上は「ホルスタイン種」なため、「国産牛」=「ホルスタイン種」と勘違いされることもしばしばあります。

しかし、その「ホルスタイン種」も在来種ではなく、オランダの外来種です。

「和牛」と「国産牛」の違いは何?まとめ

「和牛」と「国産牛」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 和牛」:日本の在来種を何回も繰り返し交配させた牛の品種で、「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」「無角和種」の4品種、もしくはこの4品種を交配させたもの
  • 国産牛」:「和牛」以外の全肥育期間の半分以上を日本国内で肥育された牛のこと

「和牛」は品種を、「国産牛」は産地をそれぞれ表しています。味に関しては好みがあるとは思いますが、味を追求して開発された「和牛」の方が美味しいです。ぜひ、参考にされて見てください。