違い

「伯父」と「叔父」「伯母」と「叔母」の違いは何?

自分の両親の兄弟や姉妹のことを「おじ」「おば」と言いますが、「おじ」は「伯父」と「叔父」、「おば」は「伯母」と「叔母」とそれぞれ2つずつ漢字で表現することができます。

2つで表現できるので、どちらを使えば良いのか、この2つにはどんな違いがあるのか気になりますよね。

この記事で、「伯父」と「叔父」「伯母」と「叔母」の違いについて見ていきましょう。

「伯父」「叔父」「伯母」「叔母」とは

「伯父」「叔父」「伯母」「叔母」とは

「伯父」と「叔父」について詳しく

「伯父」は父または母の兄にあたる人のこと、「叔父」は父または母の弟にあたる人のことをそれぞれ指します。

「伯父」は父母の兄、「叔父」は父母の弟のことです。

この父母の兄弟には、義理の兄弟である父母の姉の夫や、父母の妹の夫も含まれます。年齢で判断し間違えやすいですが、父母の姉の夫が父母よりも年下であっても、父母との関係は義理の兄になるため「伯父」となり、父母の妹の夫が父母よりも年上であっても、父母との関係は義理の弟になるため「叔父」となります。

父母よりも年齢が高いからといって「伯父」に、低いからといって「叔父」とはならないので注意です。父母との関係が兄か弟かによる関係が使い分ける上で重要です。

「伯父」の「伯」には頭や長男という意味があり、「叔父」の「叔」には若い、年少者という意味がそれぞれあり、意味を理解すると分かりやすいです。

「おじ」には「小父」という漢字表現もあり、この場合は近所のおじさんや年配の男性という意味になります。

「伯母」と「叔母」について詳しく

「伯母」は父または母の姉にあたる人のこと、「叔母」父または母の妹にあたる人のことをそれぞれ指します。

「伯母」は父母の姉、「叔母」は父母の妹のことです。

「伯父」と「叔父」について詳しくでも触れました通り、こちらも義理の姉妹である父母の兄の妻や、父母の弟の妻も含まれます。なので、父母の兄の妻が父母よりも年下であっても、父母との関係は義理の姉になるため「伯母」となり、父母の弟の妻が父母よりも年上であっても、父母との関係は義理の妹になるため「叔母」となります。

「おば」には「小母」という漢字表現もあり、この場合も近所のおばさんや年配の女性という意味になります。

「伯父」と「叔父」「伯母」と「叔母」の違い

「伯父」と「叔父」「伯母」と「叔母」の違い

「伯父」と「叔父」の違い

「伯父」は父または母の兄のこと、「叔父」は父または母の弟のことをそれぞれ指します。

それぞれの文字の「伯」には頭や長男、「叔」には若い、年少者と対応するように意味があるので、それらを覚えておくとどちらを使えば良いのか分からなくなったときに判断することができると思います。

「伯母」と「叔母」の違い

「伯母」は父または母の姉、「叔母」は父または母の妹のことをそれぞれ指します。

「伯父」と「叔父」と同様に、父母の兄の妻が父母よりも年下であっても、父母との関係は義理の姉になるため「伯母」となり、父母の弟の妻が父母よりも年上であっても、父母との関係は義理の妹になるため「叔母」となるので注意です。

「伯父」と「叔父」「伯母」と「叔母」の違いは何?まとめ

「伯父」と「叔父」「伯母」と「叔母」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「伯父」「叔父」とは
    →「伯父」は父または母の兄、「叔父」は父または母の弟のこと
  • 「伯母」「叔母」とは
    →「伯母」は父または母の姉、「叔母」は父または母の妹のこと

義理の兄弟・姉妹の場合は年齢が上か下かで判断してしまいがちですが、父母との関係で見るので注意が必要です。ぜひ、参考にされて見てくださいね。