違い

「チョッキ」と「ベスト」の違いは何?

袖がなく、上半身を覆う短い胴着のことを「チョッキ」「ベスト」と言いますが、これらは何が違うかご存知でしょうか。

この記事で、「チョッキ」と「ベスト」の違いについて見ていきましょう。

「チョッキ」と「ベスト」の違い

「チョッキ」と「ベスト」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • チョッキ」:袖がない短い胴着
  • ベスト」:英語の「vest」をカタカナ表記にしたもので、基本的な意味は「チョッキ」と同じ

「チョッキ」も「ベスト」も基本的な意味は同じで、袖がない短い胴着のことを指します。

「チョッキ」「ベスト」とは

「チョッキ」「ベスト」とは

「チョッキ」について詳しく

「チョッキ」とは袖がない短い胴着のことを指します。

「チョッキ」の語源は諸説ありますが、日本語の「直着」という言葉から来たのではないかというものが有名ですが、この他にもフランス語の「jaque」 、ポルトガル語の「jaqueta」などの言葉が変化したもの、「ジャケット」が訛って出来たなど、正確なことについてはよく分かっていません。

「チョッキ」は日本でしか使われていない言葉で、和製英語です。なので、海外では「チョッキ」と言っても通じない場合があるので注意です。しかし、現在では「チョッキ」という言葉はあまり使われず、後述する「ベスト」を使うことの方が多いです。

「チョッキ」の主な使い方は、インナーシャツとアウタージャケットの間に着ることが多く、秋口から冬にかけて活躍します。

「ベスト」について詳しく

「ベスト」とは英語の「vest」をカタカナ表記にしたもので、基本的な意味は「チョッキ」と同じです。

英語では「vest」と表記するので、正確に言うと「ベスト」ではなく「ヴェスト」です。

イギリス英語ではこれを「waistcoat(ウエストコート)」と言い、イギリスでは単に「ベスト」というと、袖がない肌着という意味になり、アメリカ英語の「ベスト」とは意味合いが異なります。

また、フランスにも「ベスト」という言葉がありますが、袖がない点は共通していても、ジャケットやコートのように着用するアウターウェアを指すため、上質な素材を使用しており、ファッション性も高いです。

「フランス」で「チョッキ」やアメリカの「ベスト」と同じ位置づけにあるものとして「ジレ」というものがあります。

「チョッキ」と「ベスト」の違いは何?まとめ

「チョッキ」と「ベスト」の違いについて見ていきました。

言葉 意味 備考
「チョッキ」 袖がない短い胴着 語源については諸説あり、詳しいことは分かっていないが「チョッキ」という言葉は日本でのみ使われる
「ベスト」 袖がない短い胴着。基本的な意味は「チョッキ」と同じだが、アメリカ、イギリス、フランスでは若干意味が異なる 英語の綴りは「vest」と表記するので、正確に言うと「ベスト」ではなく「ヴェスト」

名称が違うだけで意味は同じものというものが世界にはたくさんありますが、「チョッキ」と「ベスト」もその1つです。ぜひ、参考にされて見てください。

「fall(フォール)」と「autumn(オータム)」の違いは何?英語で「秋」を意味する言葉には「fall(フォール)」と「autumn(オータム)」の2つがありますが、これらの違いは何かご存知でしょう...
「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違いは何?私たちが着用している衣服の多くには留めておく機能として「ファスナー」「チャック」「ジッパー」というものが付いていますが、これらの違いは何...
「キャンディ」と「ドロップ」の違いは何?砂糖を原料に、それを温めて小ささな球状にしたものを日本語では「飴」と言いますが、「キャンディ」や「ドロップ」とも言いますよね。 「...