違い

「懲役」と「禁固」の違いは何?

何らかの罪を犯して逮捕される方が、連日のようにニュースなどで報道されていますが、その中で、「懲役」と「禁固」という言葉が出ることが多いですが、これらの違い何かご存知でしょうか。

似たようなものと思われてしまいがちですが、実は両者には違いがあります。

この記事で、「懲役」と「禁固」の違いについて見ていきましょう。

「懲役」と「禁固」の違い

「懲役」と「禁固」の違いは以下の通りです。

「懲役」と「禁固」の違い
  • 懲役」:受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業があるもの
  • 禁固」:受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業が強制ではないもの

「懲役」と「禁固」の違いは刑務作業が義務かそうでないかにあります。

「懲役」「禁固」とは

「懲役」「禁固」とは

「懲役」について詳しく

「懲役」とは受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業があるものです。

「懲役」について簡単に説明をしますと上記のものになり、刑務作業があるかないかが、後述する「禁固」との大きな違いになります。刑務作業の内容は、衣類や靴などの制作作業、工場での労働、施設内の掃除、炊事などがあり、「懲役刑」が適用されると、強制的にこれらをすることとなります。

労働基準法に則って刑務作業は行われるので、基本的に1日8時間を目安に作業に従事します。刑務作業に従事したものは、1ヶ月あたり、およそ5,000円ほどの賃金が支払われ、懲役刑を終えて出所する際には、今まで働いた分のお金が渡されます。

「禁固」について詳しく

「禁固」とは受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業が強制ではないものです。

禁錮」とも表記します。

受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業が強制ではないものが「禁固」です。刑務作業が強制ではないので、「懲役」と比べると「禁固」の方が刑罰としては軽いです。

刑務作業は強制ではないですが、申し出れば刑務作業に従事することができ、その場合は賃金が支払われます。申し出ない受刑者もいますが、多くの受刑者は刑務作業に従事しているようです。

「懲役」と「禁固」にはともに「無期」と「有期」の2種類があり、原則として1ヶ月以上20年以下の中で刑期が決まり、減軽で1月以下、加重によって30年まで増減されることがあります。「禁固」と同じく、刑務作業が強制ではない「自由刑」に「拘留」というものがありますが、「拘留」の刑期は1日以上30日未満のものを指し、刑期の違いによって名称が異なっています。

「懲役」と「禁固」の違いは何?まとめ

「懲役」と「禁固」の違いについて見ていきました。

言葉 意味
「懲役」 受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業があるもの
「禁固」 受刑者の身体の自由を奪う「自由刑」で、刑務作業が強制ではないもの

ぜひ、参考にされて見てください。

「容疑者」と「被疑者」と「被告人」の違いは何?ニュースや刑事ドラマなどで度々聞く「容疑者」「被疑者」「被告人」。これらの言葉は犯罪を起こした方に使われるというイメージですが、実際どん...
「自白」と「自供」の違いは何?自身が犯した犯行や隠された事実を白状すること、告白することを「自白」「自供」などと言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 ...
「窃盗」と「万引き」と「強盗」の違いは何?テレビ番組やニュースなどで、連日のように「窃盗」「万引き」「強盗」などの犯罪行為で逮捕されるのを見かけますが、これらの違いは何なのかご存...