違い

「つくね」と「つみれ」の違いは何?

鍋などに欠かすことができない「つくね」と「つみれ」の違いは何なのかご存知でしょうか。

一般的には鶏肉や豚肉のひき肉で作られたものを「つみれ」、魚のすり身で作られたものを「つみれ」と認識している方が多いですが実はこれは違います。

この記事で、正しい「つくね」と「つみれ」の違いについて一緒に見ていきましょう。

「つくね」と「つみれ」の違い

「つくね」と「つみれ」の違い

「つくね」と「つみれ」の違いは以下の通りです。

  • つくね」:鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたもの
  • つみれ」:鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たもの

「つくね」と「つみれ」の違いは、前者は鶏肉や豚肉のひき肉で作られたもの、後者を魚のすり身で作られたものという材料の違いと思われてしまいがちですが、材料ではなく調理方法に違いがあります。

「つくね」は鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたもの、「つみれ」は生地に関しては同じですが、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たものです。

「つくね」「つみれ」とは

「つくね」「つみれ」とは

「つくね」について詳しく

「つくね」について詳しく

「つくね」とは鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたものを指します。

こねて丸めるといった意味をもつ「捏ねる(つくねる)」が語源になっています。

丸めて団子状にしたものを「つくね」と呼ぶので、その後に串に刺したり焼いたり煮たりしても「つくね」は「つくね」です。それによって串焼きや汁物、蒸したりといろいろな使い方ができるので幅広い料理に使われます。

使い方から「捏ね揚げ」「捏ね焼き」「捏ね煮」と呼ぶこともあります。

焼き鳥などの串料理でも「つくね」を商品として置いてあることがあるので、「つくね」が鳥料理だと誤解してしまう方が多いですが、実際には鶏肉や豚肉、魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、丸めて団子状にしたものを指すので注意です。

「つみれ」について詳しく

「つみれ」について詳しく

「つみれ」とは鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たものを指します。

生地を摘んで入れる「摘み入れる」が語源になっており、「摘み入れる」が省略されて「つみれ」となりました。

「つくね」は良くこねて形をしっかりと作るため、その後の工程で焼いたり煮たりすることができますが、「つみれ」はその作り方から鍋物やおでんなどの汁物に使われることがほとんどです。

煮汁に合うものは魚であること、「つみれ」と言うと「アジ」や「イワシ」を使うことが多いので「つみれ」が魚のすり身で作られたものと誤解してしまう方が多いようです。鶏肉や豚肉を使っていたとしても、生地を摘んで入れるのであれば「つみれ」になります。

「つくね」と「つみれ」の違いは何?まとめ

「つくね」と「つみれ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • つくね」:鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたもの
  • つみれ」:鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たもの

「つくね」と「つみれ」の違いは材料ではなく調理方法に違いがありました。ぜひ、この機会に覚えて見てくださいね。