違い

「当社」と「弊社」の違いは何?

自分の所属している会社のことを「当社」「弊社」と言いますが、これらの違いは何なのかご存知でしょうか。

これらの言葉はビジネスのシーンでよく聞きますが、同じ意味でもどのように使い分ければいいのか分からないですよね。

この記事で、「当社」と「弊社」の違いについて見ていきましょう。

「当社」と「弊社」の違い

「当社」と「弊社」の違い

「当社」と「弊社」の違いは以下の通りです。

  • 当社」:自分の会社という意味を丁寧に表した言葉で「丁寧語」
  • 弊社」:自分の会社という意味をへりくだって言った言葉で「謙譲語」のこと

「当社」「弊社」はそれぞれ自分の会社を意味する言葉ですが、「当社」は「丁寧語」、「弊社」は「謙譲語」です。通常の敬語と同じように使い分けをしていきます。

「当社」「弊社」とは

「当社」「弊社」とは

「当社」について詳しく

「当社」とは自分の会社という意味を丁寧に表した言葉で「丁寧語」です。

「当社」は自分の会社を丁寧に言い回した表現です。「丁寧語」ということなので、一般的な敬語の使い分けと同じように、相手との関係性によって後述する「弊社」と使い分けをします。

相手と同じ立場、もしくはこちらの会社の方が相手の会社よりも上の立場にある場合に使われますが、主に社内や身内での会話で使われることが多いです。特に謙遜する、へりくだる必要がない社内での報告書や文書、ホームページや会社案内、スピーチなどの場面で「当社」は使われます。

同じような言葉で「わが社」という表現もありますが、役員が社内の人に対して使うことが多いということもあり、「当社」を使うのが一般的です。

「弊社」について詳しく

「弊社」とは自分の会社という意味をへりくだって言った言葉で「謙譲語」です。

「弊社」は自分の会社をへりくだって言い回す、相手側を立てる表現です。「謙譲語」ということなので、「当社」やその他の敬語と同じように、相手との関係性によって使い分けをします。

「弊社」は相手よりもこちら側の方が下の立場にいる場合に使われ、他にも社外の方との会話ではより丁寧な表現として「弊社」を使うことが多いです。身内や社内の会話や、ホームページなどではへりくだる必要がないので「弊社」を使わないように気を付けてください。

こちらも同じような意味で、自分の会社を小さいというニュアンスの「小社」という表現がありますが、一般的には「弊社」が使われることが多いです。

「当社」と「弊社」の違いは何?まとめ

「当社」と「弊社」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 当社」:自分の会社という意味を丁寧に表した言葉で「丁寧語」
  • 弊社」:自分の会社という意味をへりくだって言った言葉で「謙譲語」のこと

「当社」「弊社」はそれぞれ自分の会社を意味する言葉で、「当社」は「丁寧語」、「弊社」は「謙譲語」です。相手との関係性でこれらの言葉は使い分けがされるので間違わないように気を付けたいですね。

「当社」は社内、「弊社」は社外と覚えておくと良いです。ぜひ、参考にされて見てください。

「目」と「眼」と「瞳」の違いは何?「目」は、私たちが物やこの世界の事柄などを見ることができる大切な視覚器官です。 しかし、「目」と同じようなものに「眼(め・まなこ)...
「キムチ鍋」と「チゲ鍋」の違いは何?冬になると温かい食べ物が恋しくなりますが、その中でも鍋料理は野菜も豊富なので美味しいだけでなく、栄養バランスも良いので大人気ですよね。し...
「捺印」と「押印」の違いは何?契約する際の書類にハンコを押すことを「捺印」「押印」と言いますよね。 普段はあまり気にならない事柄ですが、「捺印」と「押印」の違い...