違い

「歳」と「才」の違いは何?

年齢を数える際には「さい」という言葉で数えますが、皆さんは「」と「」のどちらを使っているでしょうか。

「歳」は画数が多く、また漢字が少し複雑であることから、普段から「才」を使うという方も中にいると思います。

この記事で、「歳」と「才」の違いについて見ていきましょう。

「歳」と「才」の違い

「歳」と「才」の違い

「歳」と「才」の違いは以下の通りです。

  • 」:数や年月、年、時の単位などを表す漢字
  • 」:生まれつき持っている才能や能力、性能のこと

今でこそ「歳」と「才」は年齢を数える際に使われていますが、「才」に関しては本来そのような意味を持っていません。しかし、昔から「歳」の代用になっていることから間違いということではなくなっています。

正確に表記する場合は「歳」を使うようにしましょう。

「歳」「才」とは

「歳」「才」とは

「歳」について詳しく

「歳」とは数や年月、年、時の単位などを表す漢字です。

音読みでは「サイ」「セイ」、訓読みでは「とし」「とせ」「よわい」と読みます。

「歳」が年齢を表す漢字となったのは平安時代頃と言われており、元々作物の穂を刈り取るまでの時間の流れを意味しており、そこから1年という意味になっていきました。

「歳」は後述する「才」と比べると圧倒的に画数が多く、また漢字も複雑なため「歳」よりも「才」の方が使われています。また、「歳」は中学生頃に、「才」は小学生で学ぶ漢字なため、さらに拍車をかけています。

公用文などでは「才」ではなく「歳」の漢字が使われ、これは「才」という字が本来年齢を表す意味ではないということに起因しています。

「才」について詳しく

「才」とは生まれつき持っている才能や能力、性能のことを指します。

「才」は年齢を表す際に使われますが、そのような意味は本来は無く、「才能」「天才」「才覚」などで使われているように生まれつき持っている才能や能力、性能という意味があります。

なので「才」という漢字を使って年齢を表すのは間違いということになりますが、昔から「歳」の代用になっていることから一般化しており、現在は間違いではなくなっています。ただ、前述の通り、「才」は本来の意味とはかけ離れているので、正しく表記する場合は「歳」となります。

なぜ「歳」の代用になっているのか詳しいことは分かっていませんが、「サイ」という同じ読みであること、「歳」の画数が多く、また漢字も複雑であるという点が起因していると考えられます。

「歳」と「才」の違いは何?まとめ

「歳」と「才」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 」:数や年月、年、時の単位などを表す漢字
  • 」:生まれつき持っている才能や能力、性能のこと

どちらも年齢を表す際に使われますが、正しい表記は「歳」です。日常生活ではどちらを使っても問題はありませんが、正しい意味をしっかりと頭に入れておきましょう。

「習字」と「書道」の違いは何?「習字」と「書道」の違いは何かご存知でしょうか。 学校で習う機会があったとは思いますが、これらの言葉は知っていても違いについては知...
「原料」と「材料」と「原材料」と「素材」の違いは何?何か物を作るときにはその元となるものが必要になります。その元となるもののことを「原料」や「材料」「原材料」「素材」と言いますが、これらの...
「一所懸命」と「一生懸命」の違いは何?「一所懸命」と「一生懸命」、片方に関しては日常的に良く使われる言葉ですが、「所」と「生」の1文字だけの違いで、意味にどんな違いが生まれる...