違い

「思う」と「想う」の違いは何?

思う」と「想う」、漢字が違うだけでどちらも「おもう」と読みますが、この2つはその場面に応じて使い分けられているのをご存知でしょうか。どんな違いで使い分けがされているのか、知らないという方が意外にも多いのではないかと思います。

この記事で、「思う」と「想う」の違いの違いについて見ていきましょう。

「思う」と「想う」の違い

「思う」と「想う」の違い

「思う」と「想う」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 思う」:その事柄・事物について頭の中で考えること
  • 想う」:心に浮かべること、イメージすること

「思う」は何かを考えること、「想う」は心に浮かべることです。似たような意味ですが、ニュアンス的には「想う」の方がより感情を込めたものなので、より感情を込めた表現にしたい場合は「想う」を使うと良いです。

「思う」「想う」とは

「思う」「想う」とは

「思う」について詳しく

「思う」とはその事柄・事物について頭の中で考えることです。

「思う」は「何かを考えること」で、かなり広い意味を持っており、主観的な心の動きがあった際に使われます。

「思」という漢字は「田」と「心」という漢字から成り立っており、「田」は幼児・子供の脳を、「心」は心臓を表しており、それらが合わさった「思」という漢字は、頭脳と心を中心に何かを考えたり、感じたりすることを表しています。

基本的に「おもう」という言葉を漢字表記にする場合は「思う」を使いますが、その状況に応じて後述する「想う」や、他にも「念う」「慮う」「憶う」「懐う」「惟う」に使い分けられることができます。

「念う」は「一途におもいを込めること」、「慮う」は「心に留めて忘れないこと」「推し量ること」、「憶う」は「忘れないこと」「思い出すこと」、「懐う」は「心に留めて思い慕うこと」、「惟う」は「よく考えること」「おもいを巡らすこと」、といった意味がそれぞれにはあります。

「想う」について詳しく

「想う」とは心に浮かべること、イメージすることです。

「想う」は「心に浮かべること」です。

「想」という漢字は、「相」と「心」という漢字から成り立っており、「相」は向き合うこと、「心」はそのまま心を表しており、それらが合わさった「想」は、対象となるものの姿を頭と心で思い浮かべることを表しています。

考えるだけでなく、心に浮かべたり、イメージをするので、「~を思う」よりも「~を想う」の方が、ニュアンス的には後者の方がより感情を込めた表現になります。「思い出」「想い出」などのようにですね。

広い意味を持っている「思う」を使うのが基本ですが、より感情を込めた表現にしたい場合は「想う」や他の「おもう」を使い分けると良いです。

「思う」と「想う」の違いは何?まとめ

思う 意味】その事柄・事物について頭の中で考えること
備考】「想う」以外にも「念う」「慮う」「憶う」「懐う」「惟う」などがある
想う 意味】心に浮かべること、イメージすること
備考】「~を思う」よりも「~を想う」の方が、ニュアンス的には後者の方がより感情を込めた表現になる

「思う」と「想う」の違いについて見ていきました。ぜひ、使い分けの参考にされて見てください。

「超える」と「越える」の違いは何?「超える」と「越える」は、読み方も「こえる」と同じ上に、漢字のへんも共通していおり、意味も似たような意味なので、使い分けが非常に難しいで...
「押さえる」と「抑える」の違いは何?「押さえる」と「抑える」、どちらも「おさえる」と読みますが、これらの使い分けで迷ったことはないでしょうか。 例えば「要点をおさえる...
「始め」と「初め」の違いは何?何かの文章を書く際に「始め」と「初め」の使い分けで迷ったことはないでしょうか。意外とこの使い分けが難しく混同している方が多い印象です。 ...