違い

「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いは何?

ミルクティー」はその名の通り、紅茶にミルクを入れてまろやかにした飲み物です。最近では「ミルクティー」に「タピオカ」を入れた「タピオカ入りミルクティー」が人気を博していますね。

そんな「ミルクティー」には種類があり、通常の「ミルクティー」と高級感のある「ロイヤルミルクティー」とに分かれますが、これらの違いは一体なんなのでしょうか。

何となくその場での気持ちで選んでいるという方も多いと思いますが、違いをしっかりと理解していると博識でかっこいいですね。

この記事では、そんな「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いについて解説しています。

「ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」とは

「ミルクティー」「ロイヤルミルクティー」とは

「ミルクティー」について詳しく

「ミルクティー」は、淹れた紅茶にミルクを加えた飲み物で、紅茶で有名なイギリスの発祥に思われがちですが、実は隣国のオランダからイギリスに伝わり、発展していったとされています。

通常の「ミルクティー」は、出来上がった紅茶に冷たいミルクを入れますが、喫茶店やこだわった店などでは出来上がった紅茶に温かいミルクを入れる場合もあり、こちらが正式な作り方とされています。

イギリスでは「ミルクティー」を淹れる際にミルクを先に入れるか「MIF(Milk In First)」、紅茶を先に入れるか「MIA(Milk In after)」で長らく論争が続いていましたが、同国の王立化学協会によるとミルクを先に入れたほうがより美味しく仕上がるという結論が出ています。

「ロイヤルミルクティー」について詳しく

「ロイヤルミルクティー」はミルクと水で淹れた紅茶のことです。

ミルク単体だけではうまい具合に紅茶を抽出することができないため、まず初めにお湯で茶葉を煮出し、その中にミルクを入れて煮出していきます。

ミルクと茶葉を一緒に煮出すため通常の「ミルクティー」に比べるとコクがあり、また使用する茶葉も多いため、これが高級感のあると言われてる所以になっています。

また、「ロイヤルミルクティー」は日本で生まれた和製英語で、紅茶の本場であるイギリスでは「ロイヤルミルクティー」と言っても通じることはありません。

イギリス王朝風の「ミルクティー」と言うことからこのような名称になりましたが、イギリスではミルクと水で淹れて作る、という方法はあまりしません。

「チャイ」との違いは何?

「チャイ」との違いは何?

似たような飲み物で「チャイ」という名称の飲み物がありますが、こちらは意味自体は「お茶」という意味で、意味としてはインド式の「ミルクティー」を指すことが日本では多いようです。

「チャイ」の作り方としては「ロイヤルミルクティー」に似ており、水と大量のミルクで紅茶を煮出しその後に大量の砂糖を加えて味付けをします。

このように「ロイヤルミルクティー」に作り方は似ていますが、大量のミルク・大量の砂糖を使用するため、コクはありますがかなり甘い仕上がりになっています。

「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いは何?まとめ

「ミルクティー」と「ロイヤルミルクティー」の違いと、併せて「チャイ」との違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「ミルクティー」とは
    →淹れた紅茶にミルクを加えたもの
  • 「ロイヤルミルクティー」とは
    →ミルクと水で淹れた紅茶のこと
  • 「チャイ」とは
    →大量のミルクと水で淹れた紅茶に大量の砂糖を加えたもの

その違いは作り方にあり、「ミルクティー」は淹れた紅茶にミルクを加えたもの、「ロイヤルミルクティー」はミルクと水で淹れた紅茶のこと、「チャイ」は大量のミルクと水で淹れた紅茶に大量の砂糖を加えたもの、でした。作り方が違うということで、そこにはコクや風味、甘さなどが変わっていきます。

「チャイ」に関しては飲んだことが無いという方がいるかもしれませんが、美味しいので見かけた際にはぜひ飲んでみてくださいね。