違い

「タクシー」と「ハイヤー」の違いは何?

タクシー」と「ハイヤー」の違いは何かご存知でしょうか。

目的地へとお客さんを運ぶのは一緒ですが、「タクシー」は割と馴染みのあるイメージ、「ハイヤー」は高級感があるイメージですよね。ただのイメージだけで、「タクシー」と「ハイヤー」の違いについて理解している方は意外にも少ないと思います。

この記事で、「タクシー」と「ハイヤー」の違いについて見ていきましょう。

「タクシー」「ハイヤー」とは

「タクシー」「ハイヤー」とは

「タクシー」について詳しく

「タクシー」とはプライベートからビジネスまで幅広い旅客の目的に応じてその目的地へと旅客輸送を行う公共交通機関のことです。

電話で予約もしくは呼び出す他、無線配車や、駅前や人通りの多い道路を徐行しながらお客さんを探す、いわゆる「流し営業」をするのが特徴で、お客さんを探すのは基本的に「タクシー」の運転手の自由になります。

お客さんからどこに「タクシー」がいるのか、その存在を分かりやすくするために、緑色などの目立つ色になっており、自動ドアによってお客さんが自らが乗り降りをします。

「タクシー」の料金体系は時間・距離によって換算される「メーター制」で、乗車地から降車地までを対象として料金を設定、「メーター」はお客さんがしっかりと認識できるように、見える位置に設置されています。

「ハイヤー」について詳しく

「ハイヤー」とは「雇用」「賃貸」という意味で、営業所を拠点にお客さんから要請に応えて配車をする貸し切り乗用車(個別輸送機関)のことです。

「ハイヤー」は「タクシー」のように「流し営業」はせず、基本的に完全予約制となっており、格式が重んじられる状況で利用されることが多いです。接待や法事の際の移動手段として利用されます。

「タクシー」は緑色などの目立つ色になっていますが、目立たないように黒色の高級車に黒色の服を着ている運転手の場合が多くお客さんの乗り降りの際には、運転手が自らドアの開閉をします。

「ハイヤー」の料金体系は「メーター制」ではありませんが、「ハイヤー」は「タクシー」の1種という位置づけなので、営業許可を取るためには「メーター」が必要なため、見えない位置に「メーター」が設置されています。また、「タクシー」は乗車地から降車地までを料金の対象としているのに対して、営業所の車庫から戻るまでが料金の対象になっているので、待ち時間も仕事の時間です。

「タクシー」と「ハイヤー」の違い

「タクシー」と「ハイヤー」の違い

料金の違い

「タクシー」の料金体系は時間・距離によって換算される「メーター制」を利用しており、乗車地から降車地までを対象として料金を設定しています。対して「ハイヤー」は完全予約制で、営業所の車庫から派遣されて再び車庫に戻るまでの間が課金対象となるので、必然的に「タクシー」より料金が割高になります。

そのため「ハイヤー」で、ちょっとした距離の利用でも料金が高いです。個人でも利用することはできますが、契約書や審査、保証金などもかかるため個人で利用するというよりは法人で専属契約しているものを利用するのが基本です。

また、「タクシー」は「メーター」はお客さんの見える位置に設置されていますが、「ハイヤー」は営業許可を取るためには「メーター」が必要なだけで、「メーター」はお客さんから見えない位置に設置されています。

手軽に乗れるか完全予約制かの違い

「タクシー」は電話で予約もしくは呼び出す他、無線配車、「流し営業」などでお客さんを目的地まで運びますが、「ハイヤー」は完全予約制でお客さんを目的地まで運びます。

「ハイヤー」は完全予約制で利用されるということから格式が重んじられる状況、接待や法事などの移動手段として利用され、ドアの開閉には運転手自らがします。

田舎の場合「流し営業」よりも電話などでの予約をして利用することが多い場合、「タクシー」と「ハイヤー」が同一のものとして扱われることがあります。

「タクシー」と「ハイヤー」の違いは何?まとめ

「タクシー」と「ハイヤー」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「タクシー」とは
    →プライベートからビジネスまで幅広い旅客の目的に応じてその目的地へと旅客輸送を行う公共交通機関のこと
  • 「ハイヤー」とは
    →「雇用」「賃貸」という意味で、営業所を拠点にお客さんから要請に応えて配車をする貸し切り乗用車(個別輸送機関)のこと

冒頭の「タクシー」は割と馴染みのあるイメージ、「ハイヤー」は高級感があるイメージで合っていましたね。正確な違いというのは意外にも分からないのものなので、この機会に覚えておきましょう。