違い

「誕生」と「生誕」の違いは何?

何かが生まれることを「誕生」「生誕」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。日本語には、言葉を構成している漢字を逆にしたものがいくつかありますが、入れ替えただけでも意味合いが異なるもの、特に変わらないものがあります。今回見ていく「誕生」と「生誕」は、基本的な意味は同じですが、意味合いが若干異なっています。

この記事で、「誕生」と「生誕」の違いについて見ていきましょう。

「誕生」と「生誕」の違い

「誕生」と「生誕」の違い

「誕生」と「生誕」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 誕生」:生物や物事が生まれること
  • 生誕」:基本的な意味は「誕生」と同じですが、主に人間に対して使われる言葉

基本的な意味は同じですが、「誕生」は生物以外にも様々な物事や事柄、「生誕」は人間のみで、その中でも偉人、更にその中でも亡くなっている方に対して主に使われます。

「誕生」「生誕」とは

「誕生」「生誕」とは

「誕生」について詳しく

「誕生」とは生物や物事が生まれることです。

「誕生」は私たち人間のみならず、犬や猫などの動物が生まれた際にも同様に使用され、生物全般で使われる言葉です。それらが生まれた日は「誕生日」と言いますが、私たちに馴染み深い言葉となっています。

また、「誕生」は生物以外にも、校舎や会社などの建物、「政権の誕生」や「カップルの誕生」などの組織や状態、有形無形に関わらず、物事が生まれた際にも使われます。

「生誕」について詳しく

「生誕」とは基本的な意味は「誕生」と同じですが、主に人間に対して使われる言葉です。

せいたん」と読みます。

「生誕」は「誕生」と基本的な意味は同じで「生まれること」を意味しますが、主に人間に対して使われます。また、その人間の中でも特に何かの偉業を成し遂げた「偉人」に対して、そして、更にその中でも亡くなっている方に使われるのがほとんどです。

「誕生」は生きている人、「生誕」は亡くなっている人で使い分けをされることもあります。

「誕生」と「生誕」の違いは何?まとめ

「誕生」と「生誕」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「誕生」 生物や物事が生まれること 生物、建物、組織、状態、有形無形に関わらず物事が生まれた際に使われる
「生誕」 基本的な意味は「誕生」と同じだが、主に人間に対して使われる言葉 何かの偉業を成し遂げた「偉人」に対して、そして、更にその中でも亡くなっている方に使われるのがほとんど

ぜひ、参考にされて見てください。

「想像」と「空想」と「妄想」の違いは何?何かを考えたり、思いを巡らせることを「想像」「空想」「妄想」と、言葉は違いますが、このように表現します。何となくのイメージでこれらを使い...
「歳」と「才」の違いは何?年齢を数える際には「さい」という言葉で数えますが、皆さんは「歳」と「才」のどちらを使っているでしょうか。 「歳」は画数が多く、また...
「災厄」と「厄災」の違いは何?突然ですが、「災厄」と「厄災」の違いは何かご存知でしょうか。度々目にするこれらの言葉ですが、漢字を入れ替えただけでそこに何か違いはあるの...