違い

「台風」と「熱帯低気圧」の違いは何?

台風」は「熱帯低気圧」に、「熱帯低気圧」は「台風」に変化することがあり、何となく両者ともに近いイメージがありますが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。これらの呼称は知っていても、そこにどんな違いがあるの知っているというかたは意外にも少ないのでは無いかと思います。

この記事で、「台風」と「熱帯低気圧」の違いについて見ていきましょう。

「台風」と「熱帯低気圧」の違い

「台風」と「熱帯低気圧」の違い

「台風」と「熱帯低気圧」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 台風」:「熱帯低気圧」のうち北西太平洋または南シナ海に存在し低気圧域内の最大風速が17.2m/s以上のもの
  • 熱帯低気圧」:熱帯から亜熱帯の海洋上で発生した低気圧

「台風」は「熱帯低気圧」の一種です。「熱帯低気圧」が北西太平洋または南シナ海に存在し発達したものが「台風」となります。

「台風」「熱帯低気圧」とは

「台風」「熱帯低気圧」とは

「台風」について詳しく

「台風」とは「熱帯低気圧」のうち北西太平洋または南シナ海に存在し低気圧域内の最大風速が17.2m/s以上のものを指します。

「台風」は後述する「熱帯低気圧」の一種です。

「熱帯低気圧」のうち北西太平洋または南シナ海に存在し低気圧域内の最大風速が17.2m/s以上のものを、日本では「台風」と呼称しますが、この「熱帯低気圧」が北太平洋西部で発達し最大風速が32.7m/s以上のものを「タイフーン」、北太平洋から大西洋に存在する最大風速が33m/s以上のものを「ハリケーン」、インド洋・南太平洋に存在する最大風速が17.2m/s以上のもの「サイクロン」とそれぞれ呼称します。同じ「熱帯低気圧」でも、発生した場所とその強さによってその呼称が変わります。

日本では、その年に初めて発生した「台風」を「台風一号」として、そこから発生した順に「台風二号」「台風三号」と数えていきます。

「熱帯低気圧」について詳しく

「熱帯低気圧」とは熱帯から亜熱帯の海洋上で発生した低気圧のことです。。

熱帯、亜熱帯の海から大量の水蒸気が上昇しその空気が渦を巻くことによって形成されます。「熱帯低気圧」は暖かい空気のみで構成されているのが特徴で、この「熱帯低気圧」が発達すると大雨や強い風などの暴風雨を伴います。

同じようなものに「温帯低気圧」というものがありますが、「温帯低気圧」は暖かい空気と冷たい空気が混ざり合うことによって形成されるものです。

日本では「熱帯低気圧」のうち北西太平洋または南シナ海に存在し低気圧域内の最大風速が17.2m/s以上のものを指しますが、これの最大風速が17.2m/s未満のものを「熱帯低気圧」と言います。つまりは「熱帯低気圧」が発達し勢力を増したものが「台風」という呼称になる、という訳になります。

「台風」と「熱帯低気圧」の違いは何?まとめ

「台風」と「熱帯低気圧」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「台風」 「熱帯低気圧」のうち北西太平洋または南シナ海に存在し低気圧域内の最大風速が17.2m/s以上のもの 同じ「熱帯低気圧」でも、発生した場所とその強さによって「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」と呼称が変わる
「熱帯低気圧」 熱帯から亜熱帯の海洋上で発生した低気圧 熱帯、亜熱帯の海から大量の水蒸気が上昇しその空気が渦を巻くことによって形成される

ぜひ、参考にされて見てください。

「川」と「河」と「河川」の違いは何?水が流れる陸地部分を「川」と言いますが、同じようなものに「河」や「河川」などがありますよね。この違いは一体何なのか気になりますよね。 ...
「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何?「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何かご存知でしょうか。どれも危険なものには変わりありませんが、具体的な違いとなると難しいところです。...
「台風」と「タイフーン」と「ハリケーン」と「サイクロン 」と「トルネード」の違いは何?ニュースや新聞などで「台風」「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」「トルネード」などの様々な呼び方を耳にします。 どれも熱帯低...