違い

「逮捕」と「検挙」の違いは何?

ニュースやドラマなどで、時折「逮捕」や「検挙」といった言葉が使われることがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの意味は知っていても、具体的にどんな意味があるのかは知らないという方が、意外にも多いのではないかと思います。

この記事で、「逮捕」と「検挙」の違いについて見ていきましょう。

「逮捕」と「検挙」の違い

「逮捕」と「検挙」の違い

「逮捕」と「検挙」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 逮捕」:捜査機関または私人が、被疑者、犯人の可能性が人物を、証拠隠滅や逃亡などを阻止するため強制的に身柄を拘束する行為
  • 検挙」:警察や検察などの捜査機関が犯罪や違反行為などを特定すること、また捜査や取り調べ、書類送検などをひっくるめた警察内部で使われる言葉

「逮捕」「検挙」とは

「逮捕」「検挙」とは

「逮捕」について詳しく

「逮捕」とは捜査機関または私人が、被疑者、犯人の可能性が人物を、証拠隠滅や逃亡などを阻止するため強制的に身柄を拘束する行為のことです。

「逮捕」は「被疑者」の証拠隠滅や逃亡などを阻止するために身柄を拘束することです。「被疑者」とは警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないものを指し、基本的な意味は「容疑者」と同じです。

「逮捕」には、裁判所が発行した逮捕令状に基づいて「逮捕」する「通常逮捕」、死刑や無期懲役、または長期3年以上の懲役もしくは禁錮に該当する罪を犯したことを疑うのに充分な理由がある場合に「逮捕」することができる「緊急逮捕」、誰から見ても犯人が明らかな場合に、捜査機関や民間人でも「逮捕」することができる「現行犯逮捕」の3つの種類に分けられます。

「逮捕」されたものは取り調べを受けた後、留置場に入れられます。

「検挙」について詳しく

「検挙」とは警察や検察などの捜査機関が犯罪や違反行為などを特定すること、また捜査や取り調べ、書類送検などをひっくるめた警察内部で使われる言葉です。

「逮捕」は法理用語ですが、「検挙」は法律用語ではありません。

「検挙」は、犯罪の容疑がかかったものを特定し、警察署に連行する行為、違反行為を特定することです。「逮捕」の場合は、手錠をかけられて拘束されますが、「検挙」は多少の拘束はあっても、手錠をかけられたりすることはありません。しかし、その過程で警察官に暴力行為を働いた場合は、公務執行妨害として、そのまま「逮捕」されることもあります。

また、警察内部で捜査や取り調べ、書類送検などをひっくるめた言葉としても使用されます。

「逮捕」と「検挙」の違いは何?まとめ

「逮捕」と「検挙」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「逮捕」 捜査機関または私人が、被疑者、犯人の可能性が人物を、証拠隠滅や逃亡などを阻止するため強制的に身柄を拘束する行為 「逮捕」には「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮捕」の3つの種類がある
「検挙」 警察や検察などの捜査機関が犯罪や違反行為などを特定すること、また捜査や取り調べ、書類送検などをひっくるめた警察内部で使われる言葉 逮捕」の場合は、手錠をかけられて拘束されるが、「検挙」は多少の拘束はあっても、手錠をかけられたりすることはない

ぜひ、参考にされて見てください。

「容疑者」と「被疑者」と「被告人」の違いは何?ニュースや刑事ドラマなどで度々聞く「容疑者」「被疑者」「被告人」。これらの言葉は犯罪を起こした方に使われるというイメージですが、実際どん...
「刑務所」と「拘置所」と「留置所」の違いは何?罪を犯した人は「刑務所」「拘置所」「留置所」などに送られてその身柄を拘束されます。しかし、ここで登場する「刑務所」と「拘置所」と「留置所...
「自白」と「自供」の違いは何?自身が犯した犯行や隠された事実を白状すること、告白することを「自白」「自供」などと言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。ほとん...