違い

「立ち合う」と「立ち会う」の違いは何?

この記事では、「立ち合う」と「立ち会う」について見ていきます。

「立ち合う」と「立ち会う」の違い

「立ち合う」と「立ち会う」の違い

「立ち合う」と「立ち会う」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 立ち合う」:お互いに勝ち負けを争うこと
  • 立ち会う」:その場に居合わせること

「立ち合う」と「立ち会う」は、「2人以上の人間が同じ場所にいる」という点では共通していますが、「立ち合う」という言葉に関しては「勝負する」「争う」という意味合いが含まれています。

「勝負する」「争う」という点で使い分けがされますが、基本的に使われるのは、より広い意味を持っている「立ち会う」となっており、「立ち合う」はあまり使われません。

「立ち合う」「立ち会う」とは

「立ち合う」「立ち会う」とはl

「立ち合う」について詳しく

「立ち合う」とは「お互いに勝ち負けを争うこと」です。


「立ち合う」には、「勝負する」「争う」という意味があり、日本の国技である「相撲」では、力士がお互いに向かい合って仕切りをし、行司の掛け声とともに争いをしますが、この場面で良く「立ち合い」という言葉が使われています。

主に「相撲」や武道などで使われることが多い言葉ですが、一般的には後述する「立ち会う」が使われることが多く、また「立ち会う」の方が意味が広いため、「立ち合う」を「立ち会う」に置き換える事も可能です。

「立ち会う」について詳しく

「立ち会う」とは「その場に居合わせること」です。


「立ち会う」は「その場に居合わせること」を意味する言葉で、その物事の成り行きや結果、過程を見守るという意味合いがあります。

また、「立ち会う」には「証人や参考人として証言するために参加すること」という意味もあり、「立会人」などの言葉は、「立ち会う」が語源となっているとされています。


「立ち合う」「立ち会う」どちらも、「2人以上の人間が同じ場所にいる」という点では共通していますが、「立ち合う」という言葉に関しては「勝負する」「争う」という意味合いが含まれており、その点で使い分けがされます。

ただ、基本的に使われるのは、より広い意味を持っている「立ち会う」となっており、「立ち合う」に関してはあまり使われません。

「立ち合う」と「立ち会う」の違いは何?まとめ

言葉 意味/備考
立ち合う 意味】お互いに勝ち負けを争うこと
備考】「相撲」や武道などで使われることが多い。あまり使われない表記
立ち会う 意味】その場に居合わせること、証人や参考人として証言するために参加すること
備考】基本的にはこちらの表記が使われる

「立ち合う」と「立ち会う」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「軟禁」と「監禁」の違いは何?「軟禁」と「監禁」の違いは何かご存知でしょうか。ニュースなどで時折耳にする言葉ですが、具体的な違いとなると詳しく知らないという方が多いの...
「心肺停止」と「死亡」の違いは何?新聞やニュースなどの報道を見ていると、「心肺停止」や「死亡」という言葉を耳にすることがあると思います。「心肺停止」というのはつまり「呼吸...
「革命」と「クーデター」の違いは何?「フランス革命」や「ロシア革命」などで聞く「革命」、日本における「本能寺の変」や「二・二六事件」などの「クーデター」、どちらも歴史的に大...