違い

「卓球」と「ピンポン」の違いは何?

卓球」と「ピンポン」の違いは何かご存知でしょうか。何となく、「温泉卓球」のようなものが「ピンポン」と呼ぶなどのイメージがありますが、この2つの明確な違いは何なのか気になりますよね。

この記事で、「卓球」と「ピンポン」の違いについて見ていきましょう。

「卓球」と「ピンポン」の違い

「卓球」と「ピンポン」の違い

「卓球」と「ピンポン」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 卓球」:卓球台を挟んで選手が向かい合い、ラケットを使ってボールを打ち合って点を競い合う球技、スポーツの1つ
  • ピンポン」:「卓球」の前身となるもので、「テニス」を室内でプレーできるように開発されたもの、その商品名

「卓球」はスポーツ、「ピンポン」は商品名です。「卓球」は「テニス」を室内で楽しむために生まれた「ピンポン」をスポーツ化したもの、「ピンポン」は「テニス」を室内でプレーできるように開発されたものです、

「卓球」「ピンポン」とは

「卓球」「ピンポン」とは

「卓球」について詳しく

「卓球」とは卓球台を挟んで選手が向かい合い、ラケットを使ってボールを打ち合って点を競い合う球技、スポーツの1つです。

英語では「table tennis」と表記します。

「卓球」は19世紀後半のイギリス、その当時人気を博していた「テニス」を室内でできるようにしよう、という考えの下に始まりました。室内で「テニス」ができるように、今とは様相が大きく異なりますが、専用のラケットとボールを開発、それを「ピンポン(ping pong)」という名称で販売をしました。これが人気を博し、この「ピンポン」をスポーツにしようという考えの下、考案されたスポーツが「卓球」です。

スポーツとして認知されるようになると、「テーブルテニス協会」と「ピンポン協会」の2つが発足されますが、「ピンポン」に関しては商標登録が既にされていたためにその呼称を使うことが出来ないことから、「テーブルテニス協会」のみとなりました。

それに伴い、日本では「テーブルテニス」を訳した「卓球」が、スポーツ名として使用されています。

「ピンポン」について詳しく

「ピンポン」とは「卓球」の前身となるもので、「テニス」を室内でプレーできるように開発されたもの、その商品名です。

英語では「ping pong」と表記します。

「ピンポン」は、19世紀後半のイギリス、その当時人気を博していた「テニス」を室内でできるようにしようという考えの下に考案されたものです。名称の由来は、テーブルにボールが弾かれた音が「ピン」、ラケットにボールが弾かれた音が「ポン」と、それぞれ聞こえたことに由来しています。

ただし、この音はかなりゆっくり打ち合った時にしか出ない音なので、競技としての「卓球」をやっている方に「ピンポン」というのは侮辱しているようなニュアンスで伝わってしまうこともあるので注意です。

「卓球」と「ピンポン」の違いは何?まとめ

「卓球」と「ピンポン」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「卓球」 卓球台を挟んで選手が向かい合い、ラケットを使ってボールを打ち合って点を競い合う球技、スポーツの1つ 「ピンポン」が人気を博してスポーツになったもの
「ピンポン」 「卓球」の前身となるもので、「テニス」を室内でプレーできるように開発されたもの、その商品名 19世紀後半、その当時人気を博していた「テニス」を室内でできるようにしようという考えの下に考案されたもの

ぜひ、参考にされて見てください。

「イギリス」と「イングランド」の違いは何?「イギリス」は直接観光などでは行かなくても、何かと耳にする機会が多い世界的にも知名度の高い国の1つです。 しかし、「イギリス」は「...
「ニッポン」と「ニホン」の違いは何?私たちが住んでいる「日本」という国は、「ニッポン」と「ニホン」という2つの読み方があります。私たちは日常生活やサッカーなどの応援の際に無...
「冒険」と「探検」の違いは何?未知の世界を調べるというような意味を持つ言葉に「冒険」と「探検」という言葉がありますが、これらの違いはご存知でしょうか。 言葉が違...