違い

「趣旨」と「主旨」の違いは何?

趣旨」と「主旨」の違いは何かご存知でしょうか。ほとんど同じような意味を持っているので、これらの言葉を使う際に迷ったことがある方が多いのではないかと思います。

この記事で、「趣旨」と「主旨」の違いについて見ていきましょう。

「趣旨」と「主旨」の違い

「趣旨」と「主旨」の違い

「趣旨」と「主旨」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 趣旨」:物事を行うにあたっての目的や考え、狙いのこと
  • 主旨」:文章、会話、考え、物事などにおける中心となる事柄のこと

「趣旨」は「目的」、「主旨」は中心となる事柄のことです。意味は似ていますが、使い分けで迷った際は「目的」や「要点」と言った言葉で置き換えて考えると良いです。

「趣旨」「主旨」とは

「趣旨」「主旨」とは

「趣旨」について詳しく

「趣旨」とは物事を行うにあたっての目的や考え、狙いのことです。

「趣旨」は、ある物事についての行動や計画の目的のことを指す言葉で、後述する「主旨」との使い分けで迷った際は「趣旨」を「目的」や「考え」と言った言葉に置き換えて考えると良いです。

ただ、置き換えるとは言っても、「趣旨」と「主旨」の使い分けで迷いが生じてしまう場合があると思います。その場合は、日本新聞協会が発行している「新聞用語集」という言葉の使い方についてのガイドラインでは、「主旨」ではなく「趣旨」を使われており、これを参考にすると良いかもしれません。

「主旨」について詳しく

「主旨」とは文章、会話、考え、物事などにおける中心となる事柄のことです。

「趣旨」と似たような意味ですが、「趣旨」と違って「主旨」は必ずしも目的や理由などは含まず、要点や重要な点などの1番大事な部分を指す言葉となっています。

「会議の趣旨」と「会議の主旨」では、前者はその会議の目的について、後者は会議の中心となる事柄についてを表しています。難しいですが意味が若干違いますね。

また、物事の目的を伝えたい場合は「趣旨」を使い、物事を簡潔に伝えたい場合は「主旨」を使うという使い分け方もされます。加えて、「趣旨」は目的が1つでも複数でも構いませんが、「主旨」は必ず1つのみとなっています。

「趣旨」と「主旨」の違いは何?まとめ

「趣旨」と「主旨」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「趣旨」 物事を行うにあたっての目的や考え、狙いのこと 使い分けで迷った際は「趣旨」を「目的」や「考え」と言った言葉に置き換えて考えると良い
「主旨」 文章、会話、考え、物事などにおける中心となる事柄のこと 「主旨」は必ずしも目的や理由などは含まない

ぜひ、参考にされて見てください。

「首席」と「主席」の違いは何?「首席」と「主席」の違いは何かご存知でしょうか。同じ意味に捉えてしまいがちなどちらも「しゅせき」と読む言葉ですが、意味は全く異なります。...
「辞典」と「辞書」の違いは何?日本語には似たような言葉がたくさんありますが、「辞典」と「辞書」もその1つだと思います。 「典」と「書」のただ1つの文字の違いだけ...
「延期」と「延長」の違いは何?物事の予定を先送りにしたり、先に伸ばしたりすることを「延期」「延長」などという言葉で表しますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。似た...