違い

「修行」と「修業」の違いは何?

「修行」と「修業」の違い

「修行」と「修業」の違い

「修行」と「修業」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 修行」:仏教に於いて悟りを開くために肉体的・精神的に苦行を重ねること、学問や武芸などを習得するために励むこと
  • 修業」:学問や武芸などを習得するために励むこと

「修行」と「修業」は読み方が共通していることから、意味が混同してしまうことが多く、それによって「修行」には「修業」の意味が含まれるようになりました。しかし、「修業」には「修行」の意味は含まれていないので注意です。

「修行」「修業」とは

「修行」「修業」とは

「修行」について詳しく

「修行」とは仏教に於いて悟りを開くために肉体的・精神的に苦行を重ねること、学問や武芸などを習得するために励むことです。

元々「修行」とは仏教における精神の鍛錬に関する用語の一つで、「仏堂に努めること」「仏の教えを実践すること」を意味する言葉でしたが、後述する「修業」と読み方が共通していることから、意味を混同してしまい、「学問や武芸などを習得するために励むこと」という意味を含むようになりました。

仏堂に努めること、仏の教えを実践することには聖地や聖域を訪れる「巡礼」や、修行を行なっている僧が鉢を持って街を歩き人々から施しを受ける「托鉢(たくはつ)」などの意味もあります。

「修業」について詳しく

「修業」とは学問や武芸などを習得するために励むことです。

「修業」とは物事を習得するために励むことで、学問、語学、武芸、料理など、それを習得するために励んだり、努力するのであればそれは「修行」と言います。

しかし、前述の通り、「修行」と読み方が共通していることから、意味を混同してしまうことが多いため、こちらの「修業」も、「仏堂に努めること」「仏の教えを実践すること」という意味で使われてしまうことが多々ありますが、こちらは「修行」とは異なり、「仏堂に努めること」「仏の教えを実践すること」という意味合いは含まれていません。

「修行」と「修業」の違いは何?まとめ

修行 【意味】仏教に於いて悟りを開くために肉体的・精神的に苦行を重ねること、学問や武芸などを習得するために励むこと
【備考】「修業」と読み方が共通していることから、意味を混同してしまい、「学問や武芸などを習得するために励むこと」という意味も含むようになった
修業 【意味】学問や武芸などを習得するために励むこと
【備考】「修行」のように、「仏堂に努めること」「仏の教えを実践すること」などの意味は含まない

「修行」と「修業」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「匹」と「頭」と「羽」の違いは何?動物を数える単位として「匹」「頭「羽」などの単位を使いますが、これらの使い分けは少しややこしかったりします。 基本的には「馬」や「...
「居眠り」と「うたた寝」と「仮眠」の違いは何?「居眠り」「うたた寝」「仮眠」。どれも短時間眠るというときに使われる言葉ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。これらの違いについて...
「交代」と「交替」の違いは何?「交代」と「交替」ともに「こうたい」と読む「入れ替わる・入れ替わり」を意味する言葉ですが、これらの使い分け・違いについて困ったことはない...