違い

「所有」と「保有」の違いは何?

所有」と「保有」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも「何かを所持する」という似たような意味を持っていますが、「所」と「保」の違いで、意味にどんな違いが生まれるのか気になりますよね。

この記事で、「所有」と「保有」の違いについて見ていきましょう。

「所有」と「保有」の違い

「所有」と「保有」の違い

「所有」と「保有」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 所有」:自分のものとして所持すること、また所持しているそのもののこと
  • 保有」:自分のものとして所持し続けること

「所有」と「保有」の基本的な意味は同じですが、「所有」は半永久的に有形のものを所持すること、「保有」は無形のものを所持し続けることです。「保有」の所持し続けるという意味には手放す可能性を多く内包しており、いつかは手放すものに対して使われます。

「所有」「保有」とは

「所有」「保有」とは

「所有」について詳しく

「所有」とは自分のものとして所持すること、また所持しているそのもののことです。

「所有」は、その「所有」しているものを手放す可能性もありますが、多くは「半永久的に所持する」と考えられるものに使い、また無形ではなく有形、「形あるもの」に使われることがほとんどです。

「家を所有する」「土地を所有する」「車を所有する」などのように使われ、これらはほとんどの場合半永久的に所持し、有形ですが、「家を保有する」などのように「保有」に置き換えるとなんだかしっくりきませんよね。このように、手放す可能性もありますが、半永久的、また有形の場合に使われるのが「所有」です。

またこれに加えて、資産などの「財産的価値」があるものに使われることも多いです。

「保有」について詳しく

「保有」とは自分のものとして所持し続けることです。

「所有」と基本的な意味は同じですが、この「所持し続けること」という意味には「いつかは手放す」という意味が含まれています。つまり「保有」とは、「手放すまでは所持し続けること」という意味があります。

また、この場合は「株を保有する」「権利を保有する」などのように、有形ではなく無形、形のないものに使われることがほとんどです。

「所有」と「保有」の違いは何?まとめ

所有 【意味】自分のものとして所持すること、また所持しているそのもののこと
【備考】半永久的に所持かつ有形である場合に使われることが多い
保有 【意味】自分のものとして所持し続けること
【備考】手放すことを前提に所持かつ無形である場合に使われることが多い

「所有」と「保有」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「対応」と「応対」の違いは何?「対応」と「応対」の違いは何かご存知でしょうか。何らかの問題に遭遇した時に対処するというようなニュアンスを持ったこれらの言葉ですが、この...
「回復」と「快復」の違いは何?この記事では、「回復」と「快復」の違いについて見ていきます。 「回復」と「快復」の違い 「回復」と「快復」の違いは以下の...
「冒険」と「探検」の違いは何?未知の世界を調べるというような意味を持つ言葉に「冒険」と「探検」という言葉がありますが、これらの違いはご存知でしょうか。 言葉が違...