違い

「消臭剤」と「脱臭剤」と「芳香剤」の違いは何?

家や車の中での臭い対策として「消臭剤」「脱臭剤」「芳香剤」を利用する方は多いと思いますが、これらの違いは何なのかご存知でしょうか。

どこに何を置いても全部一緒だと思われがちですが、実はそれぞれ使用用途が異なり、置く場所によっても利き方が違っていきます。

この記事で、「消臭剤」と「脱臭剤」と「芳香剤」の気になる違いについて見ていきましょう。

「消臭剤」「脱臭剤」「芳香剤」とは

「消臭剤」「脱臭剤」「芳香剤」とは

「消臭剤」について詳しく

「消臭剤」とは臭いの元となっている成分を化学的に分解・中和して臭いを消す薬剤のことです。

「消臭剤」はトイレの刺激臭であるアンモニアや、生ゴミの臭いの元のメチルメルカプタンなどの臭いの原因を科学的に分解・中和してその臭いを消します。

スプレー型や設置型、吊り下げ型など様々な種類がありますが、使用する際には臭いの原因になっているものの近くに吹きかける・置くことがポイントです。また、悪臭のもとになる成分は空気よりも重いという性質があり、下に溜まるので、なるべく臭いの原因であるものの近くで室内の下に置くのが良いです。

しかし、「消臭剤」の多くは化学反応によって臭いを打ち消すので、使用することによって頭痛や目眩などを引き起こす可能性もあります。また、「消臭剤」は特定の臭いだけを消すように作られているので、トイレ用の「消臭剤」で、生ゴミの臭いを消すことはできません。

「脱臭剤」について詳しく

「脱臭剤」とは一般的に、活性炭などを利用して臭いの元となっている成分を吸着させて臭いを消す薬剤のことです。

「脱臭剤」の多くは活性炭などを利用して臭いを吸着させてて臭いを消します。

「消臭剤」のように特定の臭いを消すのではなく、そこにある全ての臭いを吸着させるので、何が臭いの原因となるか分からない冷蔵庫や下駄箱、ゴミ箱の近くなどで主に使用されます。

しかし、「脱臭剤」は臭いだけでなく、後に触れる芳香剤などの良い香りがする成分も吸着させてしまうというデメリットがあります。なので、「脱臭剤」と「芳香剤」の併用はできないので注意です。

「芳香剤」について詳しく

「芳香剤」とは良い香り成分を周囲に散布させる薬剤のことです。

「芳香剤」は花の香りや、果実、石鹸などの良い香り成分を散布させて周囲を良い匂いにします。部屋にある臭いをその香りによって打ち消すことができますが、良い香り成分を散布させるだけなので、「芳香剤」自体に消臭効果はありません。

悪臭のもとになる成分は空気よりも重いという性質があるように、香り成分も下に溜まる性質があるので、「芳香剤」を設置する位置はなるべく高いところが良いです。

家で犬や猫などのペットを買っている場合、「芳香剤」の香り成分が、鋭い嗅覚を持っているペットにストレスを与えてしまう恐れがあります。ペットがいる部屋では「芳香剤」の使用は避けて、「消臭剤」にすると良いです。

「消臭剤」と「脱臭剤」と「芳香剤」の違い

「消臭剤」と「脱臭剤」と「芳香剤」の違い

「消臭剤」と「脱臭剤」の違い

「消臭剤」と「脱臭剤」は臭いを消すという点では共通していますが、「消臭剤」は特定の臭いに、「脱臭剤」は臭い、良い香りを問わずに打ち消します。

そのため「脱臭剤」に関しては「芳香剤」とは併用することができないので注意です。

「消臭剤」「脱臭剤」と「芳香剤」の違い

「消臭剤」「脱臭剤」は臭いを消すという役割、「芳香剤」は良い香り成分を周囲に散布させる役割で、似たような感じですが根本的な役割は違います。

結果的に「芳香剤」が臭いを消す役割をする場合もありますが、基本的な役割が違います。

「消臭剤」と「脱臭剤」と「芳香剤」の違いは何?

「消臭剤」と「脱臭剤」と「芳香剤」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「消臭剤」とは
    →臭いの元となっている成分を化学的に分解・中和して臭いを消す薬剤のこと
  • 「脱臭剤」とは
    →活性炭などを利用して臭い、良い香りを問わずにニオイを消す薬剤のこと
  • 「芳香剤」とは
    →良い香り成分を周囲に散布させる薬剤のことで、消臭効果はない

どこに何を置いても全部一緒だと思われがちですが、それぞれ役割が異なります。ぜひ、参考にされて見てくださいね。