違い

「召喚」と「召還」の違いは何?

「召喚」と「召還」の違い

「召喚」と「召還」の違い

「召喚」と「召還」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 召喚」:呼び出すこと、特に裁判所が被告人や証人、鑑定人などに対して、一定の日時に裁判所その他の場所に出頭を命じること
  • 召還」:呼び戻すこと、特に派遣した外交使節や外交官を本国に帰還させること

「召喚」は「呼び出すこと」、「召還」は「呼び戻すこと」です。「喚」か「還」の違いで、意味が真逆になってしまうので注意です。

「召喚」「召還」とは

「召喚」「召還」とは

「召喚」について詳しく

「召喚」とは呼び出すこと、特に裁判所が被告人や証人、鑑定人などに対して、一定の日時に裁判所その他の場所に出頭を命じることです。

「召喚」とは簡単に言いますと「呼び出すこと」で、特に裁判所に於いて使われることが多い単語です。裁判所の他にも架空の世界の物語などで使われることが多く、それらの世界には「魔法」というものがあり、その中の「召喚魔法」という分類で主に使われます。「召喚魔法」は自身が使役しているモンスターや悪魔などをその場所に呼び出す「魔法」のことで、この意味で理解をしている方が多いと思います。

後述する「召還」も、「ショウカン」という読み方で共通しており、混同してしまいがちですが、「召喚」と「召還」では意味が真逆になってしまうので、使う際には間違いがないか注意が必要です。

「召還」について詳しく

「召還」とは呼び戻すこと、特に派遣した外交使節や外交官を本国に帰還させることです。

「召還」はどこかへ派遣した人を呼び戻すことで、特に派遣した外交使節や外交官を本国に帰還させることという意味で使われます。

前述の「召喚」は「呼び出すこと」、「召還」は「呼び戻すこと」です。一見すると同じような意味を持っている感じがしますが、真逆の意味なので使い分けをする際は注意してください。

「召喚」と「召還」の違いは何?まとめ

召喚 【意味】呼び出すこと
【備考】特に裁判所が被告人や証人、鑑定人などに対して、一定の日時に裁判所その他の場所に出頭を命じること
召還 【意味】呼び戻すこと
【備考】特に派遣した外交使節や外交官を本国に帰還させること

「召喚」と「召還」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「氾濫」と「決壊」の違いは何?台風や大雨などの影響から川の水が増え、その結果「氾濫」や「決壊」といった大きな災害に繋がります。 しかし、報道などでよく聞くこれら...
「出身地」と「出生地」の違いは何?私たちが生まれ育ってきた地域、国や県のことを「出身地」「出生地」と言ったりしますが、この2つの違いは何のかご存知でしょうか。 同じ...
「観賞」と「鑑賞」の違いは何?「かんしょう」という言葉は、「観賞」と「鑑賞」の2種類の漢字の表現することができます。 しかし、「映画をかんしょうする」という文章...