違い

「容疑者」と「被疑者」と「被告人」の違いは何?

ニュースや刑事ドラマなどで度々聞く「容疑者」「被疑者」「被告人」。これらの言葉は犯罪を起こした方に使われるというイメージですが、実際どんな定義があるのか、どんな違いがあるのか意外にも分からないものですよね。

この記事で、「容疑者」「被疑者」「被告人」の違いについて見ていきましょう。

「容疑者」「被疑者」「被告人」の違い

「容疑者」「被疑者」「被告人」の違い

混同してしまいがちな「容疑者」「被疑者」「被告人」ですが、意味が微妙に異なっています。

この記事のまとめ
  • 容疑者」:警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないもの
  • 被疑者」:基本的な意味は「容疑者」と同じ
  • 被告人」:捜査機関によって犯罪の疑いをかけられ,その犯罪の嫌疑が十分であると判断されて検察官から起訴されたもの

「容疑者」「被疑者」は基本的な意味は同じで、警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないもので、報道機関で使われる正式な法令用語でないものと、正式な法令用語であるという違いがあります。

「被告人」はその犯罪の嫌疑が十分であると判断されて検察官から起訴されたものです。同じような言葉でマスコミで「被告」という呼称が使われますが、こちらは民事訴訟・行政事件訴訟で訴えられたものを指し、「被告人」は刑事訴訟で訴えられたもの、という使い分けがされます。

「容疑者」「被疑者」「被告人」とは

「容疑者」「被疑者」「被告人」とは

「容疑者」について詳しく

「容疑者」とは警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないものを指します。

「容疑者」「被疑者」「被告人」の中でも取り分けてよく耳にする「容疑者」ですが、実は正式な法令用語ではありません。司法手続き時や法令用語などの正式な名称は後に詳しく見ていく「被疑者」です。

「容疑者」が使われるのはテレビや新聞などの報道機関で、1989年以降に使われるようになった言葉です。それまでは該当する人物を実名で報道していましたが、それだと犯人と同じ扱いになってしまうということから「○○容疑者」などで報道するようになりました。

何故正式な法令用語である「被疑者」を使って報道しないかと言いますと、「被疑者」の発音や見た目が「被害者」と似ているため、聞き間違えや見間違えを避ける目的からだとされています。

「被疑者」について詳しく

「被疑者」とは警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないものを指します。基本的な意味は「容疑者」と同じです。

「被疑者」について詳しくでも触れました通り、テレビや新聞などの報道機関では「容疑者」を使いますが、警察などの公的な機関では「容疑者」ではなく法令用語として正式な「被疑者」を使います。

「被疑者」は犯罪の容疑がかけられているだけの状態なので、実際に犯罪を起こしたかどうかはまだ未定で、裁判で有罪と判決が下らなければ犯罪者として扱われることはありません。

基本的には「容疑者」ではなく「被疑者」の呼称を用いますが、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人に対しては、「被疑者」ではなく「容疑者」の呼称を使う、という決まりがあります。

「被告人」について詳しく

「被告人」とは捜査機関によって犯罪の疑いをかけられ,その犯罪の嫌疑が十分であると判断されて検察官から起訴されたものを指します。

「被疑者」が起訴されると「被告人」になり、こちらも「被疑者」同様に裁判で有罪と判決が下らなければ犯罪者として扱われることはありません。

「被告人」の他にマスコミでは「被告」という呼称が使われることがあり、こちらと混同されがちですが、微妙に意味が異なります。「被告人」は刑事訴訟で訴えられたもの、「被告」は民事訴訟・行政事件訴訟で訴えられたものとして使い分けがされます。

「容疑者」と「被疑者」と「被告人」の違いは何?まとめ

「容疑者」と「被疑者」と「被告人」の違いについて見ていきました。

呼称 備考 その他
「容疑者」 警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないもの 正式な法令用語ではなく、テレビや新聞などで使われる
「被疑者」 警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの、起訴には至っていないもの 正式なは法令用語で、警察などの公的な機関
「被告人」 その犯罪の嫌疑が十分であると判断されて検察官から起訴されたもの マスコミでは、刑事訴訟で訴えられたものを指す
「被告」 民事訴訟や行政事件訴訟で訴えられたもの マスコミでは刑事訴訟で訴えられたものを「被告人」と言う

どれがどれだか混同してしまいがちですが、意味は違うのでしっかりと意味を覚えておきたいですね。

「逮捕」と「検挙」の違いは何?ニュースやドラマなどで、時折「逮捕」や「検挙」といった言葉が使われる言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの意味...
「死体」と「遺体」の違いは何?ニュース番組を見ていると「死体」「遺体」という言葉で、死者の体を表現しますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 似たような意味...
「追求」と「追及」と「追究」と「追窮」の違いは何?「追求」「追及」「追究」「追窮」どれも「ついきゅう」と読む同音異義語ですが、これらの使い分けで迷ったことはないでしょうか。 いずれ...