違い

「住む」と「棲む」の違いは何?

「住む」と「棲む」の違い

「住む」と「棲む」の違い

「住む」と「棲む」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 住む」:人間が場所を定めてそこに生活すること
  • 棲む」:動物が巣を作るなどしてその場所に生息すること

「住む」と「棲む」は、人間か人間以外の動物かという点で使い分けがされます。しかし、「棲む」は「住む」と置き換えても特に問題はなく、「住む」は「常用漢字」となっています。

「住む」「棲む」とは

「住む」「棲む」とは

「住む」について詳しく

「住む」とは人間が場所を定めてそこに生活することです。

「住む」は主に人間が、その場所に留まって生活することを意味する言葉です。単にその場所にいるだけでは「住む」とは言えず、その場所に留まって生活をして初めて使うことができます。

主に人間に対して「住む」は使われますが、人間以外の動物などにも使われることもあり、また使っても特に問題はありません。

「住む」は後述する「棲む」とは異なり、「常用漢字」です。「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことで、そのために、新聞や公用文などでは後述する「棲む」が適当の場合でも使われず、こちらの「住む」が使われます。

「棲む」について詳しく

「棲む」とは動物が巣を作るなどしてその場所に生息することです。

主に動物に対して使われる言葉ですが、人間に対しても使う場合があり、その場合は自然の中で暮らしていたり、非人間的な暮らしをしているというニュアンスが含まれます。

架空の世界の物語、小説などでも使われることはしばしばあり、妖精や精霊などが主語になる場合もあります。

「住む」と「棲む」の違いは何?まとめ

住む 【意味】人間が場所を定めてそこに生活すること
【備考】「常用漢字」。人間以外の動物などにも使われることもあり、また使っても特に問題はない
棲む 【意味】動物が巣を作るなどしてその場所に生息すること
【備考】「常用漢字」ではない。人間が主語になる場合もあり、その場合は自然の中で暮らしていたり、非人間的な暮らしをしているというニュアンスが含まれる

「住む」と「棲む」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「砂漠」と「砂丘」の違いは何?「砂漠」と聞くと真っ先に思いつくのが世界的にも有名なアフリカ大陸にある「サハラ砂漠」ですが、日本では「砂漠」ではなく「砂丘」、鳥取県にあ...
「氾濫」と「決壊」の違いは何?台風や大雨などの影響から川の水が増え、その結果「氾濫」や「決壊」といった大きな災害に繋がります。 しかし、報道などでよく聞くこれら...
「震度」と「マグニチュード」の違いは何?地震が発生するとニュース速報で、発生場所と影響の及ぶ地域、そして「震度」「マグニチュード」が発表されます。 しかし、「震度」と「マ...