違い

「ステープラ」と「ホッチキス」の違いは何?

紙などを留めるのに便利なもので「ステープラ」「ホッチキス」というものがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

同じように思われてしまいがちな「ステープラ」と「ホッチキス」ですが、両者には違いがあります。

この記事で、「ステープラ」と「ホッチキス」の違いについて見ていきましょう。

「ステープラ」と「ホッチキス」の違い

「ステープラ」と「ホッチキス」の違い

「ステープラ」と「ホッチキス」の違いは以下の通りです。

  • ステープラ」:「コ」の字をした形の針をに差し込み、2つの先端を内側に折り曲げることによって、紙や書類などを綴る道具の総称
  • ホッチキス」:主に日本や韓国で使われる「ステープラ」の別称

「ステープラ」は「コ」の字をした形の針をに差し込み、2つの先端を内側に折り曲げることによって、紙や書類などを綴る道具の総称、「ホッチキス」は日本や韓国で主に使われる「ステープラ」の別称です。

「ステープラ」「ホッチキス」とは

「ステープラ」「ホッチキス」とは

「ステープラ」について詳しく

「ステープラ」とは「コ」の字をした形の針をに差し込み、2つの先端を内側に折り曲げることによって、紙や書類などを綴る道具の総称です。

ステープラー」とも言います。

現在世界各地で使われている「ステープラー」の原型となるものは18世紀頃のフランスと言われており、19世紀に入り紙の使用量が増えていくにつれて「ステープラー」の需要も増えていき、開発も盛んになっていきました。

「ステープラ」の針はJIS規格上の名称では「ステープラ用つづり針」となっていますが、単に「はり」や「しん」、また「ステープル」と言います。

「ホッチキス」について詳しく

「ホッチキス」とは主に日本や韓国で使われる「ステープラ」の別称です。

ホチキス」とも言います。

「ホッチキス」は「ステープラ」の別称のことで、日本や韓国で使われることが多い呼称です。そのため、海外で「ホッチキス」と言っても通じないことが多く、JIS規格上の正式名称も「ステープラ」です。

「ホッチキス」を日本で最初に販売したのは「伊藤喜商店(現在のイトーキ)」で、この「ホッチキス」というのはアメリカから輸入されたものでした。そして、その本体には「HOTCHKISS No・1」とブランド名が刻印されており、特に呼び名が無かった時代に、いつの間にやら、この刻印が呼び名となり「ホッチキス」と呼ぶようになったとされています。

日本では「ホッチキス」という呼び方で浸透していますが、地域によって呼び方は異なっており、北海道では「ガチャンコ」、宮城県・山形県方面では「ジョイント」という呼称が使われています。

「ステープラ」と「ホッチキス」の違いは何?まとめ

「ステープラ」と「ホッチキス」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • ステープラ」:「コ」の字をした形の針をに差し込み、2つの先端を内側に折り曲げることによって、紙や書類などを綴る道具の総称
  • ホッチキス」:主に日本や韓国で使われる「ステープラ」の別称

「ステープラ」と「ホッチキス」は基本的に同じものですが、総称か別称か違いがありました。そのため、日本で広く親しまれている「ホッチキス」も海外では通じないことがあるので注意です。ぜひ、参考にされて見てください。

「ハンコ」と「印鑑」と「シャチハタ」の違いは何?「ハンコ」と「印鑑」と「シャチハタ」、これらの違いは何かご存知でしょうか。 社会人になると使う機会がぐんと増えるこれらは、それぞれ...
「ストライプ」と「ボーダー」の違いは何?おしゃれに欠かすことができない縞模様の柄の「ストライプ」と「ボーダー」、どちらも同じような感じで混同して使ってしまいがちですが、これらは...
「エアコン」と「クーラー」の違いは何?暑い夏になると「エアコン」や「クーラー」といった空調設備が欠かせません。しかし、使いすぎると電気代がかかってしまいますし、使わないと暑い...