違い

「想像」と「空想」と「妄想」の違いは何?

何かを考えたり、思いを巡らせることを「想像」「空想」「妄想」と、言葉は違いますが、このように表現します。何となくのイメージでこれらを使い分けている方が多いと思いますが、これらの線引きは結構難しいですよね。

この記事で、「想像」と「空想」と「妄想」の違いについて見ていきましょう。

「想像」と「空想」と「妄想」の違い

「想像」と「空想」と「妄想」の違い

「想像」と「空想」と「妄想」の違いは以下の通りです。

  • 想像」:頭の中で様々な事柄を思い浮かべること
  • 空想」:現実の世界とはかけ離れた事柄を思い浮かべること
  • 妄想」:根拠もない事をあれこれと「想像」すること、そうだと思い込んで自身の中で確信してしまうこと

「想像」は他の「空想」「妄想」の根幹にあるもので、意味が広いですが、主に現実の世界で十分起こり得る事柄を思い浮かべる際に使われます。「空想」は実の世界とはかけ離れた事柄、「妄想」は実の世界とはかけ離れた事柄の中でも不道徳であったり、不健全であったりする場合に使われます。

「想像」「空想」「妄想」とは

「想像」「空想」「妄想」とは

「想像」について詳しく

「想像」とは頭の中で様々な事柄を思い浮かべることを指します。

後述する「空想」「妄想」の根幹にあるものが「想像」で、意味が最も広く、「空想」「妄想」と使い分けされていいますが、少し違和感がありますが「想像」と置き換えることもできます。

現実の世界で十分起こり得る事柄を思い浮かべることだけでなく、現実の世界で見たり、体験していないことや、現実から乖離した、現実味があまりないものを頭の中で様々な事柄を思い浮かべることも、同様に「想像」と言います。

「空想」について詳しく

「空想」とは現実の世界とはかけ離れた事柄を思い浮かべることを指します。

「想像」に関しては現実の世界で十分起こり得る事柄だけでなく、かけ離れた事柄を思い浮かべる際にも使われますが、「空想」に関しては現実の世界とはかけ離れた事柄を思い浮かべることのみです。これによって、現実の世界とはかけ離れた事柄を思い浮かべる際には、「想像」ではなく「空想」が使われることが一般的です。

「妄想」について詳しく

「妄想」とは根拠もない事をあれこれと「想像」すること、そうだと思い込んで自身の中で確信してしまうことを指します。

「妄想」は前述の「空想」と同じく、現実の世界とはかけ離れた事柄を思い浮かべる際に使われますが、「妄想」の場合は、その人の欲求から、不道徳であったり、不健全であったりする場合がほとんどです。

また、「妄想」には「誇大妄想」や「被害妄想」などでも使われているように、根拠やそういった事実がないのにも関わらず、そうだと思い込んで自身の中で確信してしまうことも「妄想」と言います。

「想像」と「空想」と「妄想」の違いは何?まとめ

「想像」と「空想」と「妄想」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 想像」:頭の中で様々な事柄を思い浮かべること
  • 空想」:現実の世界とはかけ離れた事柄を思い浮かべること
  • 妄想」:根拠もない事をあれこれと「想像」すること、そうだと思い込んで自身の中で確信してしまうこと

ぜひ、参考にされて見てください。

「意図的」と「恣意的」の違いは何?日本語には、私たち日本人にとっても難しい言葉や表現が数多くあります。「意図的」と「恣意的」という言葉もそうです。これら「意図的」「恣意的...
「原料」と「材料」と「原材料」と「素材」の違いは何?何か物を作るときにはその元となるものが必要になります。その元となるもののことを「原料」や「材料」「原材料」「素材」と言いますが、これらの...
「追求」と「追及」と「追究」と「追窮」の違いは何?「追求」「追及」「追究」「追窮」どれも「ついきゅう」と読む同音異義語ですが、これらの使い分けで迷ったことはないでしょうか。 いずれ...