違い

「シャベル」と「スコップ」の違いは何?

公園や庭での砂遊びや、ガーデニングで必須な道具には「シャベル」や「スコップ」などの便利な道具があります。

しかし、この「シャベル」「スコップ」の呼び方で困ったことないでしょうか。「シャベル」と呼ぶ方もいれば、同じものを指して「スコップ」と呼ぶ方もいます。この認識の違いはどこから来るのか、またどちらが正解なのか、それともどちらも正解出ないのか気になりますよね。

この記事では、「シャベル」「スコップ」の違いについて簡単に解説をしています。

「シャベル」と「スコップ」は実は同じもの

「シャベル」と「スコップ」は実は同じもの?

「シャベル」と「スコップ」は両者共に、土や砂、石炭や雪といったものを持ち上げて移動させる道具のことで、その用途に違いはありません。

用途に違いはありませんが、「シャベル」は英語、「スコップ」はオランダ語で、それぞれの言葉が日本へやってきており、その所為なのか用途は同じでも別々のもののように区別されているようになっています。

  • シャベル」は英語
  • スコップ」はオランダ語

厳密な違いは英語かオランダ語か、という違いですが、日本にいてそうやって区別をしてもあまり意味がありません。日本ではどのような区別の仕方をしているのでしょうか。

日本での「シャベル」と「スコップ」の違い

日本での「シャベル」と「スコップ」の違い

「JIS規格」では

JIS規格」という国家が定めているものでは、「シャベル」は上部が平らで足をかけられるもの、「スコップ」は上部が曲線で足をかけられないものと定義しています。

  • シャベル」:上部が平らで足をかけられるもの
  • スコップ」:上部が曲線で足をかけられないもの

上部というのは、土や砂などをすくうスプーン状になっている部分のことで、上部が平らで足をかけられるものを「シャベル」、上部が曲線で足をかけられないもの「スコップ」と定めています。平らか曲線かでは力の入れられ具合が異なっていきますね。

また「JIS規格」では「シャベル」ではなく「ショベル(shovel)」と表記します。

関東と関西で呼び方が違う

「JIS規格」で定義はされていますが、それほど浸透している様子は無く、関東と関西でそれぞれ呼び方が異なっているようで、関東では大型のものを「シャベル」、小型のものを「スコップ」、関西では大型のものを「スコップ」、小型のものを「シャベル」と区別してます。

  • 関東:大型のものを「シャベル」、小型のものを「スコップ
  • 関西:大型のものを「スコップ」、小型のものを「シャベル

私は関東在住ですが、確かにこの通りの認識で「JIS規格」の「足がかけられるかどうか」という違いは全く関わってきませんね。

メーカーではどのように区別しているのか

浅香工業株式会社という「シャベル」「スコップ」を扱う会社ではこのような定義がされていました。

Q:ショベルとスコップはどう違うのですか?
A:ショベルは主に掘る用途に使い、スコップはすくう用途に使います。

浅香工業株式会社 よくあるご質問より引用

「シャベル」「スコップ」を専門に扱う会社でも、これまでの「足がかけられるかどうか」「大型か小型か」という違いとは全く違う定義がされています。

なぜ異なる認識が生まれているのか

なぜ異なる認識が生まれているのか

なぜこのように異なる認識が生まれているのか詳しいことは分かっていませんが、下記の理由が原因で生まれているのではないか、という見解があります。

  • 国語辞典での定義の異なり
  • 「ショベルカー」が大型の乗り物ということから、「ショベル(シャベル)」も大型のものという認識

国語辞典では「シャベル」=「スコップ」であったり、「スコップ」のことを「小型のシャベル」と、その国語辞典によって記載が異なっており、それが理由で認識に違いが生まれ今日につながっているという説です。

また「ショベルカー」が大型という理由で「ショベル(シャベル)」も大型のもの、というイメージが(地域で違いますが)広がっていったんですね。

「シャベル」と「スコップ」の違いは何?まとめ

「シャベル」と「スコップ」と違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「シャベル」と「スコップ」は基本的に同じものだが、区別される場合もある
  • 上部が平らで足をかけられるものものを「シャベル」、上部が曲線で足をかけられないものを「スコップ」、関東では大型のものを「シャベル」、小型のものを「スコップ」、関西ではその逆、「シャベル」は主に掘る用途に使い、「スコップ」はすくう用途に使う、という区別がある

はっきりと分かっている違いは「英語かオランダ語か」というものですが、日本ではあまり意味がありません。

その地域ごとに合わせて周りの方に伝えることができる使い方がベストなのかな、思います。ぜひ、参考にされてみてくださいね。