違い

「死体」と「死骸」の違いは何?

世の中には似たような言葉が数多くありますが、「死体」と「死骸」もその内の1つだと思います。どちらも死者を意味する言葉ですが、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

この記事で、「死体」と「死骸」の違いについて見ていきましょう。

「死体」と「死骸」の違い

「死体」と「死骸」の違い

「死体」と「死骸」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 死体」:人間や動物などの死者の体を1つの物として、客観的、即物的に表現したもの
  • 死骸」:人間や動物などの「死体」またその体のこと

基本的な意味は同じですが、「死骸」は主に動物に対して使われます。ただ、この2つに明確な定義はないので、このような使い分け以外で使われることもあります。

「死体」「死骸」とは

「死体」「死骸」とは

「死体」について詳しく

「死体」とは人間や動物などの死者の体を1つの物として、客観的、即物的に表現したものです。

「死体」の対義語は「生体」で、どちらも即物的な表現で、その対象となる死者の体に対して敬意が全く込められていません。

このような観点から、ニュースなどの報道番組でも「死体」という表現はされずに、「遺体」という表現が使われ、「遺体」は「死体」よりもより丁寧な表現となっています。報道番組でも「死体」が使われることもありますが、その場合、使われたとしても人間ではなく動物、もしくは法律用語の「死体遺棄罪」「死体破壊罪」などでの用語として使われます。

同じような言葉として「屍(しかばね)」「骸(むくろ)」などがあります。

「死骸」について詳しく

「死骸」とは人間や動物などの「死体」またその体のことです。

基本的な意味は前述の「死体」と変わらず、人間や動物などの死者の体を1つの物として、客観的、即物的に表現したものですが、主に人間以外の動物に対して使われることが多い表現です。しかし、人間に対して使われることも少なくなく、その場合は野外などに放置された「死体」という意味合いで使われます。

ただ、明確な定義が存在する訳ではないので、「絶対にこれ!」という使い分けはありません。

「死体」と「死骸」の違いは何?まとめ

「死体」と「死骸」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「死体」 人間や動物などの死者の体を1つの物として、客観的、即物的に表現したもの より丁寧な表現として「遺体」がある
「死骸」 人間や動物などの「死体」またその体のこと 動物に対して使われることが多いが、人間に対しても使われ、その場合は野外などに放置された「死体」という意味合いで使われる

ぜひ、参考にされて見てください。

「災厄」と「厄災」の違いは何?突然ですが、「災厄」と「厄災」の違いは何かご存知でしょうか。度々目にするこれらの言葉ですが、漢字を入れ替えただけでそこに何か違いはあるの...
「深夜」と「夜中」と「真夜中」と「未明」の違いは何?「夜」を表す言葉に「深夜」「夜中」「真夜中」「未明」などの言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。ニュースなどの報道番組で...
「死亡」と「死傷」の違いは何?ニュースなどで事件や事故が報道されると、「死亡」や「死傷」などの言葉を耳にすることがあります。「死亡」の意味については何となく分かるので...