違い

「シソ」と「大葉」の違いは何?

突然ですが「シソ」と「大葉」の違いは何かご存知でしょうか。同じものを指した時に「シソ」と言う人もいれば「大葉」と言う人もいる、という場面に遭遇したことがあると思います。見た目も味も同じなので、呼称が違うというだけで実は同じものだったりするのでしょうか。

この記事で、「シソ」と「大葉」の違いについて見ていきましょう。

「シソ」と「大葉」の違い

「シソ」と「大葉」の違い

「シソ」と「大葉」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • シソ」:シソ科シソ属の植物の総称のことで、主に「赤紫蘇」と「青紫蘇」のこと
  • 大葉」:一般的には、「青紫蘇」を「葉」そのままの形状で食用の香味野菜として使用される時に使われる呼称のこと

「シソ」とはシソ科シソ属の植物の総称のことで、主に「赤紫蘇」と「青紫蘇」のことを指し、「大葉」とは「青紫蘇」を「葉」そのままの形状で食用の香味野菜として使用される時に使われる呼称です。「シソ」と「大葉」は基本的には同じものですが、その用途でその呼称が変わっていきます。次の段落で詳しく見ていきましょう。

「シソ」「大葉」とは

「シソ」「大葉」とは

「シソ」について詳しく

「シソ」とはシソ科シソ属の植物の総称のことです。

シソ科シソ属の植物の総称のこと、ということなので「エゴマ」も「シソ」の仲間に含まれます。

しかし、一般的に「シソ」と言うと「赤紫蘇」と「青紫蘇」を指すことが多く、前者は紅生姜や梅干しといったものの着色料として、後者は天ぷらや、刺身のつまに主に使われます。

「大葉」について詳しく

「大葉」とは一般的には、「青紫蘇」を「葉」そのままの形状で食用の香味野菜として使用する際に使われる名称のことです。

つまり、「大葉」は「シソ」の別称ということになります。

食用の香味野菜として使用されるものなので、植物としての「青紫蘇」の「葉」を「大葉」とは呼びません。また、「葉」そのままの形状ということなので、元は「大葉」だったとしてもジュースやドレッシングなどに加工したものは「大葉」とは呼ばず、その場合は「青紫蘇」になります。

「青紫蘇」の仲間には、葉の表面が青で裏面が赤い「カタメンジソ」や、縮れている「チリメンアオジ」などがありますが、あくまでも「大葉」と呼ばれるものは両面が青で、縮れもないものを指します。

なぜ「シソ」と「大葉」2つの呼称があるのか

なぜ「シソ」と「大葉」2つの呼称があるのか

「シソ」と「大葉」の違いについては分かりましたが、なぜ「シソ」と「大葉」2つの呼称があるのでしょうか。

「シソ」はその「葉」だけが販売されるという訳ではなく、「実」や「芽」なども販売され使用されます。それを全て「シソ」と言う名前で統一してしまうとその名前で呼んだ時に「葉」のことを言っているのか「実」のことを言っているのかが分からなくなってしまいます。

そこで区別をするために青紫蘇の葉の部分を束ねたものを「大葉」という名前で呼ぶようにして、販売をしていきました。その後、流通量が増えていき、全国各地で「大葉」が浸透していき今日に至ります。

「シソ」と「大葉」の違いは何?まとめ

「シソ」 ・シソ科シソ属の植物の総称
・一般的に「シソ」と言うと「赤紫蘇」と「青紫蘇」を指すことが多い
「大葉」 ・「青紫蘇」を「葉」そのままの形状で食用の香味野菜として使用する際に使われる名称
・「葉」「実」「芽」などを区別するために「大葉」という呼称を作った

「シソ」と「大葉」の違いについて見ていきました。確かに「大葉ドレッシング」という名称は聞きませんよね。ぜひ、参考にされて見てください。

「もも」と「すもも」の違いは何?「もも」と「すもも」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも同じような見た目をしており、また味も割と似通っているため、この2つにどんな違い...
「やきとり」と「焼き鳥」の違いは何?「やきとり」と「焼き鳥」の違いは何かご存知でしょうか。 「やきとり」と「焼き鳥」で平仮名表記か、漢字表記かの違いだけで、そこに意味...
「鮭」と「サーモン」の違いは何?「鮭」と「サーモン」は何が違うのかご存知でしょうか。 単に「鮭」を英語にしたものが「サーモン」と思われてしまいがちですが、実は私た...