違い

「進呈」と「贈呈」の違いは何?

「進呈」と「贈呈」の違い

「進呈」と「贈呈」の違い

「進呈」と「贈呈」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 進呈」:人に物を贈ること、人に物を差し上げること
  • 贈呈」:人に物を贈ること、人に物を差し上げること

「進呈」と「贈呈」の基本的な意味は変わりませんが、使われ場や状況が異なっており、「進呈」は目上の者に対して、また友人や同僚などの間柄で使われ、「贈呈」は格式貼った場で、目上の者から目下の者に向けて、かつ同じ位の間柄で使われます。

「進呈」「贈呈」とは

「進呈」「贈呈」とは

「進呈」について詳しく

「進呈」とは人に物を贈ること、人に物を差し上げることです。

「進呈」は「人に物を贈ること」「人に物を差し上げること」などのプレゼントをするという意味の言葉です。ただ、これらの意味には「恐縮ですが」「つまらない物ですが」などの意味が内包されており、そのため相手に対して敬意を表したり、自身が謙って相手に物を贈る場合など、目上の者に対して使われます。

ただ、個人的な贈り物や、日頃からお世話になっている方への感謝の意味を込めて、気軽にプレゼントをするという意味もあり、世間一般ではこちらの意味で使われる事が多いです。目上の者に対しても、友人や同僚などの間柄でも使う事ができるので、この辺りは注意です。

「贈呈」について詳しく

「贈呈」とは人に物を贈ること、人に物を差し上げることです。

基本的な意味は「人に物を贈ること」「人に物を差し上げること」などと「進呈」と意味は変わりませんが、「贈呈」は格式貼った場で使われる事が多い表現で、功績や表彰など、その人を称して、目上の者から目下の者に向けて、かつ同じ位の間柄で使われます。

しかし、結婚披露宴の場での、新郎新婦から両親へと贈る「花束贈呈」に関しては例外で、目下の者から目上の者に対して使われています。

「進呈」と「贈呈」の違いは何?まとめ

進呈 意味】人に物を贈ること、人に物を差し上げること
備考】目上の者に対して、また友人や同僚などの間柄で使われる
贈呈 意味】人に物を贈ること、人に物を差し上げること
備考】格式貼った場で、目上の者から目下の者に向けて、かつ同じ位の間柄で使われる。「花束贈呈」に関しては例外

「進呈」と「贈呈」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「留意」と「注意」の違いは何?「留意」と「注意」の違いは何かご存じでしょうか。どちらも「気をつけること」という意味を持っていますが、「留意」と「注意」で一体何の違いが...
「参考」と「参照」の違いは何?「参考」と「参照」の違いは何かご存知でしょうか。インターネットや文献、様々な資料などを比較したり、使ったりする際にこれらの言葉を使用しま...
「共有」と「共用」の違いは何?この記事では、「共有」と「共用」の違いについて見ていきます。 「共有」と「共用」の違い 「共有」と「共用」の違いは以下の...