違い

「進言」と「諫言」の違いは何?

この記事では、「進言」と「諫言」の違いについて見ていきます。

「進言」と「諫言」の違い

「進言」と「諫言」の違い

「進言」と「諫言」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 進言」:自分より上の立場や身分にいる者に対して意見やアドバイスをすること
  • 諫言」:自分より上の立場や身分にいる者を諌める言葉のこと

「進言」と「諫言」は、目上の人に対して使う言葉ですが、前者はアドバイスを、後者は諌めるための言葉となっています。

日本語には同じような意味を持つ言葉が複数あり、それらが状況によって使い分けされるので、しっかりと意味を覚えておきたいところです。

「進言」「諫言」とは

「進言」「諫言」とは

「進言」について詳しく

「進言」とは「自分より上の立場や身分にいる者に対して意見やアドバイスをすること」です。


「進言」は「意見を申し出ること」を意味する言葉ですが、その対象となるものは「自分より上の立場や身分にいる者」となっています。

そのため、「同僚に進言する」などのような使い方は出来ず、「上司に進言する」「社長に進言した」などのように使います。


似たような意味を持つ言葉に「提言」というモノがありますが、こちらは「考えや意見を示すこと」で、「自分より上の立場や身分にいる者」など、その対象に制限などはなく、「多くの方に広める」というような意味合いがあります。

また、「目上の者から目下の者に向かってするアドバイスのこと」を「助言」と言い、これを目上の者に向かって使用する場合は「ご助言」という使い方をします。

「諫言」について詳しく

「諫言」とは「自分より上の立場や身分にいる者を諌める言葉のこと」です。


「諌言」に関してもその対象となる者は「自分より上の立場や身分にいる者」と「進言」と共通していますが、「諌言」は間違いを指摘したり、過失を注意したりと、諫める為の意見のことを指します。


同じような意味を持つ言葉に「苦言」「忠言」というモノがありますが、前者は「間違いや悪い点などを敢えて指摘すること」、後者は「相手のことを思い、真心を込めて諌めること」を指し、微妙に意味合いが異なっています。

どちらも「自分より上の立場や身分にいる者」など、その対象に制限などはありませんが、多くは目上の者が目下の者に対して使う言葉となっています。

「進言」と「諫言」の違いは何?まとめ

言葉 意味/備考
進言 意味】自分より上の立場や身分にいる者に対して意見やアドバイスをすること
備考】「同僚に進言する」などのような使い方は出来ない。対象に制限が無い言葉に「提言」がある
諫言 意味】自分より上の立場や身分にいる者を諌める言葉のこと
備考】対象に制限が無い言葉に「苦言」「忠言」があるが、これらは基本的に目上の者が目下の者に対して使う言葉となっている

「進言」と「諫言」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「寝る」と「眠る」の違いは何?「寝る」と「眠る」の違いは何かご存知でしょうか。言葉の違いだけでニュアンス的には一緒だと思われてしまいがちですが、「寝る」と「眠る」では...
「住む」と「棲む」の違いは何?「住む」と「棲む」の違い 「住む」と「棲む」の違いは以下の通りです。 「住む」と「棲む」は、人間か人間以外の動物...
「辞職」と「退職」の違いは何?この記事では、「辞職」と「退職」の違いについて見ていきます。 「辞職」と「退職」の違い 「辞職」と「退職」の違いは以下の...