違い

「川柳」と「俳句」の違いは何?

川柳」と「俳句」の違いは何かご存知でしょうか。両者ともに五七五で成り立っているので、五七五七七で成り立っている「短歌」との違いは分かりますが、この2つにどんな違いがあるのか気になりますよね。この2つにどんな違いがあるのか良く知らないという方が意外にも多いのではないかと思います。

この記事で、「川柳」と「俳句」の違いについて見ていきましょう。

「川柳」と「俳句」の違い

「川柳」と「俳句」の違い

「川柳」と「俳句」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 川柳」:五七五からなる十七音を定型とした短詩のこと。「季語」や「切れ字」は必要なく、口語体で主で、世俗、人事、歴史などを風刺的に描写するのが特徴
  • 俳句」:五七五からなる十七音を定型とした短詩のこと。基本的なものは「季語」や「切れ字」が必要で、文語体が主で、四季や自然の美しさを描写するのが特徴

「川柳」と「俳句」は共に五七五からなる十七音を定型とした短詩ですが、そこに「季語」や「切れ字」が使われるか、口語体か文語体が使われているなどの特徴がそれぞれにあります。しかし、これに当てはまらないものもあるので注意が必要です。

「川柳」「俳句」とは

「川柳」「俳句」とは

「川柳」について詳しく

「川柳」とは五七五からなる十七音を定型とした短詩のことです。

鎌倉時代に盛んだった「短歌」を、上の句と下の句で別々の人で詠む「連歌」。五七五と七七のリズムで交互に詠んでいたこの「連歌」を、五七五に独立させたものが「川柳」と、後述する「俳句」です。時系列的には「俳句」の方が先で、その後に「川柳」ができました。

「川柳」と「俳句」は共に五七五からなる十七音を定型とした短詩ですが、「川柳」は「俳句」に必要な「季語」はあってもなくてもどちらでも構わず、また、「かな」「けり」「や」の句の中または句の終わりに付ける3つの助詞、助動詞である「切れ字」を使う必要もありません。

この他に「川柳」は、世俗、人事、歴史などを風刺的に描写するのが特徴で、口語体であることがほとんどとなっています。

「俳句」について詳しく

「俳句」とは五七五からなる十七音を定型とした短詩のことです。

こう見ると「川柳」と全く同じですが、「川柳」の項でも触れました通り、「俳句」には基本的には「季語」や「切れ字」が必要で、口語体ではなく文語体となっています。しかし、これはあくまでも基本的な話で、「季語」や「切れ字」がなく、また文語を使って表現をしない、「自由律俳句」や「無季俳句」と呼ばれる種類の「俳句」もあります。

また「川柳」は、「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」などの、四季や自然の美しさを描写するのが特徴となっています。

「川柳」と「俳句」の違いは何?まとめ

「川柳」と「俳句」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「川柳」 五七五からなる十七音を定型とした短詩 「季語」や「切れ字」は必要なく、口語体で主で、世俗、人事、歴史などを風刺的に描写するのが特徴
「俳句」 五七五からなる十七音を定型とした短詩 基本的なものは「季語」や「切れ字」が必要で、文語体が主で、四季や自然の美しさを描写するのが特徴

ぜひ、参考にされて見てください。

「経験」と「体験」の違いは何?「経験」と「体験」の違いは何かご存知でしょうか。意味がとても似ているので、これらの言葉の違いによって使い分けをしている方は少ないのではな...
「検討」と「見当」の違いは何?何かを考えたり、推測したりすることを「検討」「見当」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。読み方が両者とも「けんとう」なので...
「音読み」と「訓読み」の違いは何?漢字には「音読み」「訓読み」というものがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 その漢字の意味や成り立ちを理解する上でと...