違い

「サラミ」と「カルパス」の違いは何?

おやつやお酒のおつまみとして定番の「サラミ」と「カルパス」。似たような食べ物ですが、この2つは何が違うのかご存知でしょうか。

どちらも「ドライソーセージ」という「ソーセージ」の種類の1つですが、この違いについて知っているという方は少ないのではないかと思います。

この記事で「サラミ」と「カルパス」は何が違うのかについて見ていきましょう。

「サラミ」「カルパス」とは

「サラミ」「カルパス」とは

「サラミ」について詳しく

「サラミ」とはイタリア発祥の豚や牛の挽き肉、または牛と豚の合挽き肉を原料に塩やラード、ラム酒などを混ぜて腸詰してから60〜90日間乾燥させた「ドライソーセージ」の1つです。

主に豚を使って作られていましたが、のちに牛や、豚と牛を合わせた合挽き肉を使って作られるようになりました。

一般的には原料に塩やラード、ラム酒などを混ぜて作られますが、地域によってはハーブやスパイスを加えたり、茹でたり、干したりといった行程が入る場合もあります。

日本では「JAS(日本農林規格)」の「ソーセージの日本農林規格」において、加熱せずに乾燥熟成させたもので、水分が35%以下のものと記載がされており、この基準をクリアしたものを「サラミ」と言います。

そのまま食べられることもありますが、サンドイッチやピザなどの具材として使われることの方が多いです。

「カルパス」について詳しく

「カルパス」とはロシア発祥の豚、牛、鶏の挽肉、またはこれらの合挽肉を原料に調味料や香辛料、ラードなどを混ぜて、腸詰をして加熱、その後60〜90日間乾燥させた「セミドライソーセージ」の1つです。

「サラミ」と同じように「カルパス」も定義がされており、加熱した後に乾燥熟成させて、水分が55%以下のもので、この基準をクリアしたものを「カルパス」と言います。

「サラミ」と比べて「カルパス」は製造方法の違いから柔らかい食感をしており、おつまみなどとしてそのまま食べられることが多いです。

「サラミ」と「カルパス」の違い

「サラミ」と「カルパス」の違い

「サラミ」と「カルパス」の違いには「カルパス」のみが鶏の挽肉を使うという違いがありますが、大きな違いは、水分量と加熱をしているかしていないか、という点です。

「サラミ」は水分量が35%以下、「カルパス」は水分量が55%以下という基準があり、これを基に製造されています。また、「サラミ」は作る過程で加熱はしませんが、「カルパス」は加熱をします。

この製造方法の違いから「カルパス」に比べると「サラミ」の方が食感が柔らかいです。

しかし、「サラミ」と「カルパス」の製造基準があくまでも水分量の基準が「以下」であること、味・見た目が似通っていることなので、梱包している袋から取り出してしまうと、見ても食べても判断するのは難しいです。

「サラミ」と「カルパス」の違いは何?まとめ

「サラミ」と「カルパス」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • サラミ」:豚や牛の挽き肉、または牛と豚の合挽き肉を原料に味付けをし、加熱せずに乾燥熟成させたもので、水分が35%以下のもの
  • カルパス」:豚、牛、鶏の挽肉、またはこれらの合挽肉を原料に味付けをし、加熱した後に乾燥熟成させて、水分が55%以下のもの

「サラミ」と「カルパス」は見た目や味だけで判断するのは難しいですが、ぜひ参考にされて見てくださいね。

「シリアル」と「コーンフレーク」の違いは何?「シリアル」と「コーンフレーク」は何が違うかご存知でしょうか。名称が違うだけでこの2つは同じものとして思われてしまいがちですが、両者には...
「チョコレート」と「ショコラ」の違いは何?「チョコレート」と「ショコラ」の違いは何かご存知でしょうか。 「チョコレート」は私たちにとって馴染み深く幅広い世代で食べられるお菓...
「グラタン」と「ドリア」と「ラザニア」の違いは何?「グラタン」「ドリア」「ラザニア」、どれも見た目が似通っていますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 大人はともかくとして子ど...