違い

「災厄」と「厄災」の違いは何?

突然ですが、「災厄」と「厄災」の違いは何かご存知でしょうか。度々目にするこれらの言葉ですが、漢字を入れ替えただけでそこに何か違いはあるのか気になりますよね。

この記事で、「災厄」と「厄災」の違いについて見ていきましょう。

「災厄」と「厄災」の違い

「災厄」と「厄災」の違い

「災厄」と「厄災」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 災厄」:不幸な出来事、災難、災い。「厄災」と比べるとこちらの方が使われることが多い
  • 厄災」:不幸な出来事、災難、災い。「災厄」と比べるとよりかしこまったようなニュアンスがある

「災厄」と「厄災」の意味は全く同じです。なので、「災厄」は「厄災」に、「厄災」は「災厄」に置き換えることができます。しかし、同じ意味でも「災厄」が使われることが圧倒的に多いです。

「災厄」「厄災」とは

「災厄」「厄災」とは

「災厄」について詳しく

「災厄」とは不幸な出来事、災難、災いのことを指します。

「災厄」を構成している「災」と「厄」の漢字も、それぞれ災い、災難を意味しています。

地震や津波、台風などの自然災害、思いがけもしない不幸な出来事などを「災厄」と言います。不幸な出来事ということから、「道の真ん中でこけた」などの比較的小さなものも「災厄」と表現することもできますが、そのようなものに対して「災厄」という言葉はあまり使われません。

最悪」という言葉と語感が似ているため、しばしば「サイヤク」を「サイアク」と、「サイアク」を「サイヤク」と発音してしまいがちなので注意です。

「厄災」について詳しく

「厄災」とは不幸な出来事、災難、災いのことを指します。

「災」と「厄」漢字を入れ替えただけで「災厄」と「厄災」の意味は全く同じです。日本語には、「災厄」と「厄災」のようにほとんど意味が変わらない、全く同じ意味の「愛情」「情愛」や、意味が全く異なる「会社」「社会」のように、構成している熟語を逆にしたものがいくつかあります。

「災厄」と「厄災」の意味は全く同じですが、「災厄」の方が圧倒的に使われることが多く、「厄災」はややしかしこまった表現となっています。

「災厄」と「厄災」の違いは何?まとめ

「災厄」と「厄災」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「災厄」 不幸な出来事、災難、災い。「厄災」と比べるとこちらの方が使われることが多い 比較的小さな不幸に対しても使うことができるが、あまりそう言った使われ方はされない
「厄災」 不幸な出来事、災難、災い。「災厄」と比べるとよりかしこまったようなニュアンスがある 「災厄」と同じ意味だがこちらはあまり使われない

「災厄」と「厄災」の意味に違いはありません。日本語にはこういった言葉・熟語がいくつかありますので、探してみると面白いかもしれません。ぜひ、参考にされて見てください。

「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何?「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何かご存知でしょうか。どれも危険なものには変わりありませんが、具体的な違いとなると難しいところです。...
「震度」と「マグニチュード」の違いは何?地震が発生するとニュース速報で、発生場所と影響の及ぶ地域、そして「震度」「マグニチュード」が発表されます。 しかし、「震度」と「マ...
「避難勧告」と「避難指示」と「避難命令」の違いは何?地震や津波、豪雨、台風、噴火などの災害の発生の際には迅速な避難活動がとても大切になっていきます。 皆さんが住まれている地域の災害情...