違い

「探す」と「捜す」の違いは何?

探す」と「捜す」の違いは何かご存知でしょうか。

どちらも何かを見つけるために努力するという意味で、また読み方も「さがす」で同じですが、漢字が違うということから微妙にニュアンスが違います。

この記事で、「探す」と「捜す」の違いについて見ていきましょう。

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」の違いは以下の通りです。

  • 探す」:欲しいものや見つけたいものを見つけようとすること
  • 捜す」:無くしたもの、見えなくなったものを見つけようとすること

意味はかなり似ていますが、「探す」は存在していてもいなくても関係がなく、欲しいものや見つけたいものを見つけようとすること、「捜す」はこの世界のどこかに必ず存在する無くしたもの、見えなくなったもの見つけようとすることです。

「探す」「捜す」とは

「探す」「捜す」とは

「探す」について詳しく

「探す」とは欲しいものや見つけたいものを見つけようとすることを指します。

「探す」は夢、就きたい職業、新しい住居など、欲しいものや見つけたいものを見つけようとすることです。その対象をさがして見つけることによって自身が嬉しい場合に使うことが多い印象です。

後述する「捜す」は存在している対象にしか使うことができない言葉ですが、「探す」に関しては存在している対象でも、存在していない対象でも、それが分からなくても、未知のものでも関係がありません。

「捜す」について詳しく

「捜す」とは無くしたものや見えなくなったものを見つけようとすることを指します。

「捜す」は無くしたもの、行方不明者、迷子などこの世界のどこかに存在する何かを見つけようとすることです。

「探す」と「捜す」の使い分けで難しいのが「宝さがし」という言い回しですが、宝は存在することも存在しない場合もどちらの場合もありますが、欲しいものを見つけようとする行為に重きが置かれているために「宝探し」と表記し、「探す」を使います。

「探す」と「捜す」の違いは何?まとめ

「探す」と「捜す」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 探す」:欲しいものや見つけたいものを見つけようとすること
  • 捜す」:無くしたものや見えなくなったものを見つけようとすること

「探す」は欲しいものや見つけたいもの、「捜す」は無くしたものや見えなくなったものを見つけようとすることです。ぜひ、参考にされて見てください。

「見る」と「観る」と「視る」と「診る」と「看る」の違いは何?「みる」という言葉には「見る」「観る」「視る」「診る」「看る」などの様々な漢字で表すことができます。 この中で私たちが1番馴染み深...
「止める」と「停める」と「留める」の違いは何?「とめる」という言葉には「止める」「停める」「留める」の3つの漢字を充てることができますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。文章で「...
「分かる」と「判る」と「解る」の違いは何?「わかる」には「分かる」「判る」「解る」の3つの漢字の使い分けをすることができますが、これらの使い分けで迷ったことはないでしょうか。 ...