違い

「料理」と「調理」の違いは何?

ご飯を作ることを「料理」「調理」と言いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。無意識に使い分けている方も多いと思いますが、具体的な違いについては分からないという方が多いのではないかと思います。

この記事で、「料理」と「調理」の違いについて見ていきましょう。

「料理」と「調理」の違い

「料理」と「調理」の違い

「料理」と「調理」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 料理」:食材を切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程、またはその拵えたものそのもののこと
  • 調理」:食材を切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程、食材を加工して食べやすくすること、その技術

ほとんど同じ意味を持つ「料理」と「調理」ですが、「料理」の方が意味の幅が広いです。明確に使い分けがされている訳ではないので、使い分けにこだわる必要はないのかもしれません。

「料理」「調理」とは

「料理」「調理」とは

「料理」について詳しく

「料理」とは食材を切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程、またはその拵えたものそのもののことです。

「料理」は出来上がったもの自体も指しますが、それまでの作業や工程なども同様に「料理」と言い、後述する「料理」と比べると意味が広いです。「料理」と「調理」の意味は非常に似ていますが、この2つを使い分ける場合は、「料理」は出来上がったもの自体を、「調理」はそれまでの作業や工程、それに関する技術などを指し、このように使い分けをします。

「料理」をする方のことを「料理人」と言いますが、「料理人」に資格は必要としないため、誰でも名乗る事が出来ます。和食を専門に扱う場合は「板前」と言います。

また「挑戦者を軽く料理する」などの軽くあしらうというような比喩表現でも「料理」は使われます。

「調理」について詳しく

「調理」とは食材を切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程、食材を加工して食べやすくすること、その技術です。

「調理」は出来上がったものを指す単語では無く、それまでに行き着く過程を指します。切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程のみを指すため、これらを扱う器具のことを「調理器具」と言いますが、「料理器具」とは言いません。またこれらを提供する場所を「料理店」とは言いますが、「調理店」とは言いません。

さらに、こう言った使い分けをするという決まりはありませんが、「調理」という言葉は、食事を作る技術そのものに重きが置かれているため、飲食店などの大衆に向けて作ることを「調理」、家族や友人に作るものを「料理」と使い分ける場合もあります。

「料理」と「調理」の違いは何?まとめ

「料理」と「調理」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「料理」 食材を切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程、またはその拵えたものそのもののこと 「料理人」に資格は必要としないため、誰でも名乗る事ができ、和食を専門に扱う場合は「板前」と言う
「調理」 食材を切る、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどの過程、食材を加工して食べやすくすること、その技術 これらを扱う器具のことを「調理器具」と言うが、「料理器具」とは言わない。また「料理店」とは言うが、「調理店」とは言わない

ぜひ、参考にされて見てください。

「効果」と「効能」の違いは何?「効果」と「効能」の違いは何かご存知でしょうか。この薬を飲むとこんな「効果」がある、この温泉に入るとこんな「効能」がある、など度々耳にし...
「調節」と「調整」の違いは何?「調節」と「調整」、どちらも何かを整えるという意味ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 日常的によく使うこれらの言葉ですが...
「交代」と「交替」の違いは何?「交代」と「交替」ともに「こうたい」と読む「入れ替わる・入れ替わり」を意味する言葉ですが、これらの使い分け・違いについて困ったことはない...