違い

「牢獄」と「監獄」の違いは何?

牢獄」と「監獄」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも罪人を入れておく施設という認識ですが、呼称が違う事から意味に何らかの違いがあるのか気になりますよね。

この記事で、「牢獄」と「監獄」の違いについて見ていきましょう。

「牢獄」と「監獄」の違い

「牢獄」と「監獄」の違い

「牢獄」と「監獄」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 牢獄」:罪人を入れておく場所のこと
  • 監獄」:被疑者、被告人、受刑者などを拘禁しておくための場所のこと

基本的な意味は同じなので、呼称が違うだけと考えて差し支えなさそうです。

「牢獄」「監獄」とは

「牢獄」「監獄」とは

「牢獄」について詳しく

「牢獄」とは罪人を入れておく場所のことです。

「牢獄」とは罪人を入れておく場所のことで、別の言い方では「牢屋」とも呼称し、これが地下にある場合は「地下牢」と呼称します。

江戸時代には「揚屋(あがりや)」という特別な造りをした「牢獄」があり、ここに囚人を収監していました。

「監獄」について詳しく

「監獄」とは被疑者、被告人、受刑者などを拘禁しておくための場所のことです。

基本的な意味は前述の「牢獄」と変わりませんが、被疑者、被告人に関しては裁判で有罪と判決が下らなければ犯罪者として扱われることはなく、犯罪の容疑がかけられているだけの状態なので罪人という訳ではありません。この点で言えば、「牢獄」とは意味が若干異なっています。

ちなみに被疑者と被告人の違いは、警察から犯罪をしたのではないか、疑いをかけられて捜査の対象になっているものの起訴には至っていないもの、捜査機関によって犯罪の疑いをかけられ,その犯罪の嫌疑が十分であると判断されて検察官から起訴されたものを指します。

監獄法の改廃に伴って法律上の名称は「監獄」ではなく「刑事施設」に改められたという経緯があるため、現在の法律には「監獄」という文言はありません。

「牢獄」と「監獄」の違いは何?まとめ

「牢獄」と「監獄」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「牢獄」 罪人を入れておく場所 別の言い方では「牢屋」とも呼称し、これが地下にある場合は「地下牢」と呼称する
「監獄」 被疑者、被告人、受刑者などを拘禁しておくための場所 被疑者、被告人に関しては裁判で有罪と判決が下らなければ犯罪者として扱われることはなく、犯罪の容疑がかけられているだけの状態なので罪人という訳ではない

ぜひ、参考にされて見てください。

「逮捕」と「検挙」の違いは何?ニュースやドラマなどで、時折「逮捕」や「検挙」といった言葉が使われる言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの意味...
「窃盗」と「万引き」と「強盗」の違いは何?テレビ番組やニュースなどで、連日のように「窃盗」「万引き」「強盗」などの犯罪行為で逮捕されるのを見かけますが、これらの違いは何なのかご存...
「刑務所」と「拘置所」と「留置所」の違いは何?罪を犯した人は「刑務所」「拘置所」「留置所」などに送られてその身柄を拘束されます。 しかし、ここで登場する「刑務所」と「拘置所」と...