違い

「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違いは何?

梅雨の時期になると、毎日確認する天気予報も、さらに念入りにチェックをして、いつ雨が降るのか、また雨の勢いや強さはどの程度なのか、確認する機会が増えますよね。その中で、雨の勢いや強さを表す表現として、「弱い雨」「やや強い雨」「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」などの言葉を使いますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何となくの意味は分かっても、正確な意味に関しては知らない方が多いと思います。

この記事で、「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違いについて見ていきましょう。

「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違い

「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違い

「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 弱い雨」:1時間の雨量が3mm未満の強さの雨。「小雨」はこれに含まれる
  • やや強い雨」:1時間の雨量が10mm以上20mm未満の雨
  • 強い雨」:1時間の雨量が20mm以上30mm未満の雨
  • 激しい雨」:1時間の雨量が30mm以上50mm未満の雨
  • 非常に激しい雨」:1時間の雨量が50mm以上80mm未満の雨
  • 猛烈な雨」:1時間の雨量が80mm以上の雨

気象庁では、それぞれ雨はこのように定義がされており、これに倣って天気予報などで報道がされます。具体的な数字だけだと少し分かりにくいので、もう少しそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

「弱い雨」「やや強い雨」「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」とは

「弱い雨」「やや強い雨」「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」とは

「弱い雨」について詳しく

「弱い雨」とは1時間の雨量が3mm未満の強さの雨のことです。

気象庁では「小雨」も「弱い雨」に含まれていますが、「小雨」は厳密には数時間降っても1mmに満たない雨のことを指し、「弱い雨」よりも更に弱い雨が「小雨」になります。

「弱い雨」は、地面がしっとりと湿り、人によっては傘を必要としない程度の雨です。

「やや強い雨」について詳しく

「やや強い雨」とは1時間の雨量が10mm以上20mm未満の雨のことです。

「やや強い雨」はザーザーと降る雨で、それによって辺りにいくつもの水溜りができ、雨が地面に落ちることによっての跳ね返りで足元が濡れる場合があります。また、屋内に入っていても、降る雨の音によって、会話や話し声が聞き取りにくくなる場合もあります。

「強い雨」について詳しく

「強い雨」とは1時間の雨量が20mm以上30mm未満の雨のことです。

「強い雨」は俗に言う土砂降りの雨で、水溜りがあちこちにでき、下水や側溝、比較的小さな川では水が溢れ出します。「やや強い雨」と同じように雨が地面に落ちることによっての跳ね返りで足元が濡れ、傘をさしていても濡れることがあります。

また、車のワイパーを速く設定しても前方を確認することが困難で、就寝中でも、雨が何かに当たる音によって、およそ半数の方が雨に気づいて起きると言われています。

「激しい雨」について詳しく

「激しい雨」とは1時間の雨量が30mm以上50mm未満の雨のことです。

「激しい雨」は、バケツを空からひっくり返したような勢いの雨で、傘があまり役に立ちません。車の運転時には、タイヤと路面の間に水が入り込んで、ハンドルやブレーキが利かなくなる「ハイドロプレーニング現象」を引き起こす可能性が高いです。

「非常に激しい雨」について詳しく

「非常に激しい雨」とは1時間の雨量が50mm以上80mm未満の雨のことです。

「非常に激しい雨」は滝のように降る雨で、その水しぶきによって辺りが一面が白くなり、視界がとても悪くなります。傘は全く役に立たず、車の運転も危険なので、「非常に激しい雨」が降っている場合は、不要な外出は控えるようにしましょう。

「猛烈な雨」について詳しく

「猛烈な雨」とは1時間の雨量が80mm以上の雨のことです。

「猛烈な雨」は私たちが恐怖を感じるような圧迫感がある雨で、「非常に激しい雨」と同じように水しぶきによって辺りが一面が白くなり、視界がとても悪くなります。また、傘も全く役に立たず、車の運転も大変危険です。場所によっては土砂災害や河川の氾濫などが起き、各地で水害が急速に広まります。

「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違いは何?まとめ

「弱い雨」と「やや強い雨」と「強い雨」と「激しい雨」と「非常に激しい雨」と「猛烈な雨」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「弱い雨」 1時間の雨量が3mm未満の強さの雨。 「小雨」はこれに含まれる
「やや強い雨」 1時間の雨量が10mm以上20mm未満の雨 ザーザーと降る雨
「強い雨」 1時間の雨量が20mm以上30mm未満の雨 土砂降りの雨
「激しい雨」 1時間の雨量が30mm以上50mm未満の雨 バケツを空からひっくり返したような勢いの雨
「非常に激しい雨」 1時間の雨量が50mm以上80mm未満の雨 滝のように降る雨
「猛烈な雨」 1時間の雨量が80mm以上の雨 恐怖を感じるような圧迫感がある雨

ぜひ、参考にされて見てください。

「降水量」と「降雨量」の違いは何?「降水量」と「降雨量」の違いは何かご存知でしょうか。雨がよく降る梅雨の時期になると、こういった言葉に敏感になりますが、似たような言葉なの...
「大雨」と「豪雨」の違いは何?大気が不安定になると、突然の「大雨」や「豪雨」に見舞われてしまうので、暑い日は特に、それらに備えた準備が必要になっていきます。ただ、ここ...
「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何?「高潮」と「高波」と「津波」の違いは何かご存知でしょうか。どれも危険なものには変わりありませんが、具体的な違いとなると難しいところです。...