違い

「ピューレ」と「ペースト」の違いは何?

この記事では、「ピューレ」と「ペースト」の違いについて見ていきます。

「ピューレ」と「ペースト」の違い

「ピューレ」と「ペースト」の違い

「ピューレ」と「ペースト」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • ピューレ」:原材料を擦り潰して滑らかに整えた半液体状のモノ
  • ペースト」:流動性の高い粘性のあるモノ

「ピューレ」と「ペースト」は作り方に違いはありませんが、「ピューレ」は「ペースト」に比べると水分の量が多いです。

また「ペースト」に関しては食品に限らず、「セメント」や「のり」なども含まれています。

「ピューレ」「ペースト」とは

「ピューレ」「ペースト」とは

「ピューレ」について詳しく

「ピューレ」とは「原材料を擦り潰して滑らかに整えた半液体状のモノ」です。


「ピューレ」と言うことがほとんどですが、「ピュレ」と言うこともしばしばあります。


「ピューレ」は、原材料となるものを電動ミキサーなどで擦り潰し、裏ごしをして、少々のとろみとやや滑らかな半液体状にしたものです。

原材料としては、生の野菜や果物、茹でたあるいは加熱した野菜などを使うことがほとんどですが、これに限らず肉類や魚類なども原材料にしたものなど、数多くあります。


「ピューレ」は主にソースのベースとしたり、タルトやパイなどの焼き菓子に乗せたり、離乳食として使われたりと、多様な使い方がされます。

「ペースト」について詳しく

「ペースト」とは「流動性の高い粘性のあるモノ」です。


「ペースト」は「流動性と高い粘性のあるモノ」を意味するので、「ピューレ」に関しては主に食品のことを指しますが、「チキンペースト」「トマトペースト」などの食品に限らず、「セメント」や「のり」なども同様に「ペースト」と言います。


前述の「ピューレ」とは作り方に違いは無く、同じモノとして扱われることも多いですが、1番の違いは水分の量にあります。

これによって「ペースト」は「ピューレ」と比べると水分の量が少なく粘性が高いため、同じ原材料でもより少ない原材料で作られたものを「ピューレ」、多い原材料で作られたものを「ペースト」という使い分けがされることがあります。

「ピューレ」と「ペースト」の違いは何?まとめ

言葉 意味/備考
ピューレ 意味】原材料を擦り潰して滑らかに整えた半液体状のモノ
備考】「ピュレ」とも言う。主に食品
ペースト 意味】流動性の高い粘性のあるモノ
備考】「流動性の高い粘性のあるモノ」なので、食品に限らず「セメント」や「のり」なども同様に「ペースト」と言う

「ピューレ」と「ペースト」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「セメント」と「モルタル」と「コンクリート」と「アスファルト」の違いは何?「セメント」「モルタル」「コンクリート」「アスファルト」それぞれ建築資材として有名ですが、これらは一体何が違うのかご存知でしょうか。 ...
「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違いは何?この記事では、「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違いについて見ていきます。 「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の...
「リンス」と「コンディショナー」と「トリートメント」の違いは何?この記事では、「リンス」と「コンディショナー」と「トリートメント」の違いについて見ていきます。 「リンス」と「コンディショナー」と...