違い

「社長」と「会長」と「代表取締役」と「CEO」の違いは何?

社会に出て会社に所属すると、様々な役職を持っている方がいますよね。その中でも特に高い地位の人・その会社の責任者の人を「社長」「会長」「代表取締役」「CEO」などと言います。

どの役職も偉いということには変わりませんが、これらにはどのような違いがあるのかいまいちピンと来ない、という方が多いと思います。

この記事で、「社長」と「会長」と「代表取締役」と「CEO」の違いについて見ていきましょう。

「社長」「会長」「代表取締役」「CEO」とは

「社長」「会長」「代表取締役」「CEO」とは

「社長」について詳しく

「社長」とは世間一般的には、会社が定めている職制において、第3者に対してその会社の代表をするとともに、会社内部で業務の指揮を執る役職のことを指します。

あくまでも世間一般なので、これに当てはまらない場合もあります。会社法には社長の設置、選任及び解任、役割・権限・義務等に関する規定はなく、会社の職制に基づいて設定をしているので、その会社が「社長」という名称を使用しているだけ、ということになります。「副社長」に関しても同じです。

一般的には「社長」とはその会社の代表で権限を持っている役職なので、もし何の権限を持っていない「社長」があたかも自分に代表権があるように振る舞って他の会社と取引をしても、取引相手の安全を保証・保護する、「表見代表取締役、表見代表執行役の規定」と言う法律があります。

「会長」について詳しく

「会長」とは会の長・責任者を指す言葉で、その団体・組織を代表する立場にある人、もしくは会務を総理する役職の人を指します。

「社長」と同じく会社法には特に明記されていないので、こちらも会社によって意味合いは異なっています。

一般的には会社では「社長」よりも上の立場にある役職のことで、「社長」を退いた人の名誉職となることが多いです。前述した通り、一般的には会社では「社長」よりも上の立場にあることが多いですが、「社長」の方が権限を持っていたり、もしくは「会長」という役職が無い、と言う場合もあります。

また、自身が「社長」であったときの経験を活かして、「社長」を退いた後は後任の「社長」のアドバイザーとしてその職務を果たす場合もあります。

「代表取締役」について詳しく

「代表取締役」とは組織の「取締役会」の代表者のことを指します。

「取締役会」とは株式会社には必ず設置しなければいけない機関のことで、この「取締役会」の中の「取締役」から代表を選定する義務があり、その代表者を「代表取締役」と言います。1人だけという訳ではなく複数人いる場合もあります。

「社長」「会長」「CEO」と様々な役職がある中で、「代表取締役」は唯一会社法で定められている役職で、会社内だけでなく、外部にも責任者としての役割を果たしており、日本においては最も権限が大きいと言えます。この「代表取締役」には「社長」でも「会長」でもなれるため、その場合は「代表取締役社長」「代表取締役会長」となり、「代表取締役」に「社長」「会長」という肩書きがつく形になります。

「代表取締役」は会社を代表して契約をしたり、業務を執行することを主な仕事としています。

「CEO」について詳しく

「CEO」とは「chief executive officer」の略称で、最高経営責任者という意味を持つアメリカから入ってきた概念のことを指します。

日本で見かけることもありますが、主にアメリカで使われる肩書きで、その会社で経営方針や戦略を考え、業務執行役員の代表としてその力を奮います。

しかし、日本では「CEO」も「社長」「会長」と同じく、法的に根拠のある呼び名ではないため、実際にどんな権限を持っているかは分からず、会社によって異なります。

「社長」と「会長」と「代表取締役」と「CEO」の違い

「社長」と「会長」と「代表取締役」と「CEO」の違い

法的で定められているかいないか

「社長」「会長」「代表取締役」「CEO」ともに、その会社で権限を持っている場合が多いですが、「社長」「会長」「CEO」は法的には何も定められておらず、会社が任意で定めている呼称です。この中では「代表取締役」のみ会社法で定められており、会社内だけでなく、外部にも責任者としての役割を果たしています。

そのため、法的な地位を有するのはこの中では「代表取締役」のみで、「社長」「会長」「CEO」はあくまでも呼称なので実際にどんな権限を持っているかは各会社で異なっています。

ただ、一般的には「社長」は会社が定めている職制において第3者に対してその会社の代表をするとともに、会社内部で業務の指揮を執る役職、「会長」は「社長」よりも上の立場にある役職、「CEO」は最高経営責任者で、どれもそれなりの地位・権限を持っている場合がほとんどです。

「社長」と「会長」と「代表取締役」と「CEO」の違いは何?まとめ

呼称 備考
「社長」 会社が定めている職制において第3者に対してその会社の代表をするとともに、会社内部で業務の指揮を執る役職のこと。法的には定められていない
「会長」 一般的には会社では「社長」よりも上の立場にある役職のこと。法的には定められていない
「代表取締役」 組織の「取締役会」の代表者のこと
「CEO」 「chief executive officer」の略称で、会社の業務執行における最高責任者のこと。法的には定められていない

少しややこしいですが、「社長」と「会長」と「代表取締役」と「CEO」の違いについて見ていきました。「社長」「会長」「CEO」は呼称で、「代表取締役」のみ法的な地位を有しています。この辺りの違いを覚えておきたいですね。

「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いは何?私たちの名前には「佐藤」や「鈴木」と言った家名を表す「名字」というものがあります。 日本では同じ物を指した時に、その言葉を表すもの...
「台風」と「タイフーン」と「ハリケーン」と「サイクロン 」と「トルネード」の違いは何?ニュースや新聞などで「台風」「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」「トルネード」などの様々な呼び方を耳にします。 どれも熱帯低...
「建国記念の日」と「建国記念日」の違いは何?「建国記念の日」と「建国記念日」の違いをご存知でしょうか。 この辺り少しややこしいのですが、「建国記念の日」と「建国記念日」では意...