違い

「ピリオド」と「ドット」の違いは何?

「.」←皆さんはこの黒い点のことを何と呼ぶでしょうか。人によって異なりますが、「ピリオド」もしくは「ドット」のどちらかで呼ぶと思います。

同じものを指しているのに「ピリオド」「ドット」と2つの呼び方があり、これらの違いは何なのか気になりますよね。

この記事で、「ピリオド」と「ドット」の違いについて見ていきましょう。

「ピリオド」と「ドット」の違い

「ピリオド」と「ドット」の違い

「ピリオド」と「ドット」の違いは以下の通りです。

「ピリオド」と「ドット」の簡単な違い
  • ピリオド」:英文などの横書きの文章の最後に打たれる句点、または単語の省略を表したもの
  • ドット」:点またはそれに近い円のこと

「ピリオド」と「ドット」は全く同じですが、「ピリオド」は英文など横書きの文章の終わりに打たれる「終止符」、「ドット」は点またはそれに近い円のことで、数字やIT関連などで主に使用され、そのように使い分けがされます。

「ピリオド」「ドット」とは

「ピリオド」「ドット」とは

「ピリオド」について詳しく

「ピリオド」とは英文などの横書きの文章の最後に打たれる句点、または単語の省略を表したものを指します。

英語では「period」と表記し、日本語に訳すと「終止符」という意味があります。

「ピリオド」は英語などの横書きの文章の最後に打たれる句点のことで、日本語で言う「。(句点)」と同じ意味があります。また、日本語には「、(読点)」というものがありますが、これに当てはまるものが「,(カンマ)」になります。

他にも単語の省略を表したもので、「Mister」の略称である「Mr.」、「Mountain」の略称の「Mt.」などのように、何らかの単語を省略する際にも用いられます。

「ドット」について詳しく

「ドット」とは点またはそれに近い円のことを指します。

英語では「dot」と表記し、日本語では「小点」「小数点」「付点」などと呼ばれることが多いです。「小数点」として用いられる場合は「ポイント(point)」と発音します。

「ドット」は点またはそれに近い円のことを指すので、「ピリオド」はもちろんのこと、日本語の中黒「・」や、アルファベットの「i」の上の点のことも同様に「ドット」と呼称することができます。

「ドット」と「ピリオド」は全く同じですが、「ピリオド」は英文などの横書きの文章の最後に打たれる句点、または単語の省略を表したものに使われるのに対して、「ドット」という呼称はIPアドレスなどの区切り記号や、ドメイン名などのIT関連などで使われ、そのように使い分けがされています。

「ピリオド」と「ドット」の違いは何?まとめ

「ピリオド」と「ドット」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「ピリオド」 英文などの横書きの文章の最後に打たれる句点、または単語の省略を表したもの 日本語で言う「。(句点)」と同じ意味がある
「ドット」 点またはそれに近い円 ドット」は点またはそれに近い円のことを指すため、「ピリオド」はもちろんのこと、日本語の中黒「・」や、アルファベットの「i」の上の点のことも同様に「ドット」と呼称することができる

「ピリオド」と「ドット」は全く同じですが、その用途によって呼称が分けられています。ぜひ、参考にされて見てください。

「コンセント」と「プラグ」の違いは何?「コンセント」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。 多くの方が壁などにつけるコードの事を思い浮かべると思いますが、それ以外...
「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違いは何?私たちが着用している衣服の多くには留めておく機能として「ファスナー」「チャック」「ジッパー」というものが付いていますが、これらの違いは何...
「アルミ缶」と「スチール缶」の違いは何?自動販売機やスーパーなどで購入する缶飲料の缶には「アルミ缶」とスチール缶」の2種類がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。何と...