違い

「落花生」と「ピーナッツ」と「ナッツ」の違いは何?

落花生」と「ピーナッツ」という食べ物がありますが、1つのものを指して「落花生」と呼ぶ方もいれば「ピーナッツ」と呼ぶ方もいます。

この2つの名前の違いは何なのか、それとも両者とも同じものを指しているのか気になりますよね。また「ピーナッツ」と「ナッツ」は何が違うのかも気になるところです。

この記事で、「落花生」と「ピーナッツ」と「ナッツ」の違いについて見ていきましょう。

「落花生」と「ピーナッツ」の違い

「落花生」と「ピーナッツ」の違い

結論から言いますと「落花生」と「ピーナッツ」はただ名前が違うだけで同じものを指しています。

「落花生」は「ピーナッツ」の日本名であり、「ピーナッツ」は「落花生」の英語名ということになります。

  • 「落花生」は「ピーナッツ」の日本名
  • 「ピーナッツ」は「落花生」の英語名

「落花生」は江戸時代頃に中国から輸入されたもので、受粉後に花が落ちて数日経つと子房柄が下方に伸びて地中に潜り込み、地中で子房の部分が膨らんで、そのまま地中で実を結びます。

この花が落ちるようにして実を結ぶということから「落花生」という名前がついたとされています。

「ピーナッツ」は英語の綴りでは「peanut」と表記し、前半の「pea」には「豆」という意味が、「nut(s)」には「木の実」という意味があります。「nut(s)」という単語が入っていますが、「ピーナッツ」は「木の実」ではなく豆の仲間です。

日本では、この2つの名称の使い分けについては、植物自体のもの、殻がついている状態のものを「落花生」、殻が剥かれている状態や加工食品(ピーナッツバターや柿ピー)などの際に「ピーナッツ」、と使い分けをされるていることが多いです。

「ピーナッツ」と「ナッツ」の違い

「ピーナッツ」と「ナッツ」は違い

「ピーナッツ」と「ナッツ」は同じ括りに考えてしまいがちですが、実は種類が違います。

「ナッツ」は基本的には胡桃やアーモンドなどといった「木の実」のことを指しますが(あくまでも基本的にはなので厳密に言うと少し違います。)、「ピーナッツ」は前述のように「木の実」の仲間ではなく、「豆」の仲間です。

「ピーナッツ」には「ナッツ」という単語が入っているので混同してしまいがちですが「ピーナッツ」と「ナッツ」は別の種類のものです。

「落花生」と「ピーナッツ」と「ナッツ」の違いは何?まとめ

「落花生」と「ピーナッツ」と「ナッツ」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「落花生」と「ピーナッツ」は同じもので、「落花生」は「ピーナッツ」の日本語名、「ピーナッツ」は「落花生」の英語名
  • 「ピーナッツ」は「豆」の仲間で、「ナッツ」は「木の実」なので種類が違う

「落花生」と「ピーナッツ」は基本的に同じものなので、どちらの名称を使って呼んでも差し支えありません。しかし、「ピーナッツ」と「ナッツ」は種類が違うものなので注意です。ぜひ、参考にされて見てください。

「炒り卵」と「スクランブルエッグ」の違いは何?「炒り卵」と「スクランブルエッグ」、どちらも鶏の卵を溶いて炒めた料理ですが、この2つにはどのような違いがあるのかご存知でしょうか。 ...
「ラーメン」と「タンメン」の違いは何?麺料理で有名なものに「ラーメン」がありますが、同じようなもので「タンメン」というものがありますが、こちらとは何が違うかご存知でしょうか。...
「シナチク」と「メンマ」の違いは何?「シナチク」と「メンマ」の違いってご存知でしょうか。 ラーメンの具材の定番のこの食べ物ですが、同じものを指したときに「メンマ」と呼...