違い

「ズボン」「パンツ」「ボトム」の言い方の違いは何?

ズボン」「パンツ」「ボトム」と聞くと同じものを思い浮かべる方が多いと思いますが、これらの言い方の違いは何なのか気になったことはないでしょうか。

「ズボン」というと何となくダサく、「パンツ」だと下着の方をイメージしてしまうので、この辺りの使い分けは少し難しいですよね。

この記事では「ズボン」「パンツ」「ボトム」の気になる違いについて解説しています。

「ズボン」について詳しく

「ズボン」について詳しく

「ズボン」とは、2本に分かれた筒状のものに片足ずつ足を入れて衣服のことです。

「ズボン」という語源はフランス語でスカートの下に着用する女性用の下着という意味の「ペチコート」の意味の「jupon」から来ていると言われていますが、この「ズボン」を履くときに「ズボン」と音が鳴ったから、という説もあります。

元々「ズボン」というのは男性専用のファッションアイテムでしたが、屋外作業用に、女性が男性ものの「ズボン」をサイズを直して着用することになったことで、男性のみならず女性のファッションアイテムとして定着していきました。

現在では若い世代の間では「ズボン」と呼ぶのはダサいと感じている方が多くいるようです。

「パンツ」について詳しく

「パンツ」について詳しく

「パンツ」とは、「ズボン」と同様に2本に分かれた筒状のものに片足ずつ足を入れて衣服のことで、「ズボン」のことを英語で「パンツ(pants)」、つまり「ズボン」の違う言い回しということになります。

日本では「パンツ」というと下着のイメージが強いですが、アメリカでは日本で言う「ズボン」のことを「パンツ」と呼び、下着のことは「アンダーパンツ」と言います。

また、堅い言い方として「トラウザーズ(trousers)」と呼ぶこともあります。

アメリカでこの言い回しが使われていること、ある企業が「ズボン」のことを「パンツ」と称して販売したことで世間に広まっていったとされています。若い世代では「パンツ」と呼ぶことが多いです。

「ボトム」について詳しく

「ボトム」について詳しく

「ボトム」は、下半身に身につけることは「ズボン」「パンツ」同様ですが、それよりも広い意味を持った言葉で、下半身に身につけるものであれば「ボトム」になります。なので「ズボン」「パンツ」は当たり前ですが「スカート」に関しても「ボトム」と呼ぶことができます。

「ボトム(bottom)」は英語であり、対義語には上半身に着る衣服である「トップス(tops)」があります。

現在では若い世代やファッションに詳しい方だとこの「ボトム」または「パンツ」の言い回しを使うことが多いです。

「ズボン」「パンツ」「ボトム」の言い方の違いは何?まとめ

「ズボン」「パンツ」「ボトム」の言い方の違いは何?まとめ

「ズボン」「パンツ」「ボトム」の気になる違いについて見ていきました。

  • 「ズボン」「パンツ」「ボトム」は言い回しが違うだけで意味はほとんど同じ
  • 「ボトム」は下半身に身につけるものなので「スカート」などに関しても「ボトム」に含まれる

周りに何と言われようとも使う際はお好きな言い回しのものを使われて見てくださいね。