違い

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いは何?

パンケーキ」と「ホットケーキ」この2つの違いをご存知でしょうか。

薄いものが「パンケーキ」で、厚いものが「ホットケーキ」など、その人によって認識の違いがありますが、そこにはどのような違いがあるのでしょうか。名称が違うからには明確な違いがそこにはありそうですよね。

この記事では「パンケーキ」と「ホットケーキ」は何が違うのか、簡単にまとめています。

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違い

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違い

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いは以下の通りです。

  • パンケーキ」:小麦粉、卵、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳を材料にフライパンで焼いたもの
  • ホットケーキ」:小麦粉、卵、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳を材料にフライパンで焼いたもの

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いというのは明確に区別がされているという訳ではなく、その人のイメージや取り扱っている店によって異なっていきます。

店Aの店員
店Aの店員
ベーコンやスクランブルエッグと一緒に出すものを「パンケーキ」にしています。
店Bの店員
店Bの店員
アイスと合わせて出すものが「ホットケーキ」です。
店Cの店員
店Cの店員
薄いものを「パンケーキ」、厚いものを「ホットケーキ」で出しています。

上のはあくまでも例ですが、このように定義が異なっていくようです。

「ホットケーキミックス」や「パンケーキミックス」といった商品を開発・販売されている「森永製菓」では「ホットケーキ」は厚みがあり、アイスなどが乗っているスイーツ系、「パンケーキ」はベーコンやスクランブルエッグと一緒に食べるいわゆる食事系という認識だそうです。

取り扱う店や会社によって異なるので、何が「パンケーキ」で、何が「ホットケーキ」という正解はないようです。

「パンケーキ」「ホットケーキ」とは

「パンケーキ」について詳しく

「パンケーキ」について詳しく

「パンケーキ」は小麦粉、卵、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳を材料にフライパンで焼いたものです。

「パンケーキ」の「パン」は調理の過程で使われる「フライパン」のことで、フライパンで焼いたケーキの総称として使われます。

「パンケーキ」は厚いものから薄いもの、甘いものから甘さが控えな目なもの、ベーコンやスクランブルエッグと一緒に食べるなど、幅広い調理方法がありますが、日本では取り分けて「薄くて味が控えめなもの」という認識が強いようです。

「ホットケーキ」について詳しく

「ホットケーキ」は小麦粉、卵、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳を材料にフライパンで焼いたものです。

見て分かります通り「ホットケーキ」は「パンケーキ」と同じ材料・調理法であり、そこに違いはありません。

元々西洋で親しまれていた「パンケーキ」が日本にやってきた際に、それを見た日本人が「温かいケーキ」だからという理由で「ホットケーキ」と言ったのが始まりだと言われています。ケーキといえば冷たいという認識ですので、これには納得ですね。

海外では「ホットケーキ」と伝えてもほとんどは通じず、「パンケーキ」と呼ぶのが一般的です。

「パンケーキ」と「ホットケーキ」の違いは何?

「パンケーキ」と「ホットケーキ」は何が違うのかについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • パンケーキ」:小麦粉、卵、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳を材料にフライパンで焼いたもの
  • ホットケーキ」:小麦粉、卵、ベーキングパウダー、砂糖、牛乳を材料にフライパンで焼いたもの

材料に違いはなく、「パンケーキ」「ホットケーキ」にそれぞれがしっかりと定義があるという訳では無いので、その違いは非常に曖昧なものになっています。曖昧ということで、取り扱っている店によっては見た目が同じようなものでも「パンケーキ」が「ホットケーキ」となっていたり、逆もまた然りです。

しかし、日本では取り分け生地が薄くて味が控えめなものを「パンケーキ」、生地が厚くて甘いものが「ホットケーキ」という認識が強いようです。