違い

「おざなり」と「なおざり」の違いは何?

おざなり」と「なおざり」どちらも「いい加減に対応する」というような意味があり、その字面もよく似ていますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。

意味も字面もよく似ていますが、「おざなり」と「なおざり」では厳密には意味が違います。

この記事で、「おざなり」と「なおざり」について見ていきましょう。

「おざなり」と「なおざり」の違い

「おざなり」と「なおざり」の違い

「おざなり」と「なおざり」の違いは以下の通りです。

「おざなり」と「なおざり」の違い
  • おざなり」:いい加減だけど対応をすること
  • なおざり」:いい加減で対応もしないこと

どちらもいい加減という意味では同じですが、対応するのと対応しないのとで全く意味が異なります。「おざなり」と「なおざり」の覚え方としては語源である漢字に直すのが良いです。

「おざなり」は「御座形(おざなり)」から変化した言葉で、その中の「座」という漢字から座りながら適当にあしらっている、対応しているイメージをします。

「なおざり」は「猶去り(なおざり)」から変化した言葉で、その中に「去」という漢字から何もしないで去ってしまうイメージをするとそれぞれ覚えやすいと思います。

「おざなり」「なおざり」とは

「おざなり」「なおざり」とは

「おざなり」について詳しく

「おざなり」には、その場限りのいい加減な対応をすること、いい加減だけど何らかの対応をすることという意味があります。

「おざなり」の語源は、「御座形(おざなり)」で江戸時代の「幇間(ほうかん)」と呼ばれる、座敷などの酒席において主や客の機嫌をとることを職業とした方々の隠語だとされています。「幇間(ほうかん)」は別名「太鼓持ち(たいこもち)」とも呼ばれていました。

この「御座形(おざなり)」にはお客さんの位・質によって態度を変え、位・質が高ければ手厚く扱い、位・質が低い、どうでも良い客であればその場しのぎの適当な対応で済ませるという意味がありました。

そこから、今日の「おざなり」という意味はその場限りのいい加減な対応をすること、いい加減だけど何らかの対応をすることなどの意味を指すようになりました。

「なおざり」について詳しく

「なおざり」には何もせずにそのままにしておくこと、成り行きに任せておくことと言った意味があります。

漢字で表記することは少ないですが、漢字では「等閑」と表記します。

「おざなり」の語源は江戸時代でしたが「なおざり」の語源は平安時代です。「そのままにする」という意味の「猶(なお)」と「何もしないで放置する」という意味の「去り(せざり)」この2つが合わさってできた言葉です。

「おざなり」と「なおざり」の違いは何?まとめ

「おざなり」と「なおざり」の違いについて見ていきました。

言葉 意味 備考
「おざなり 」 いい加減だけど対応をすること 語源は「御座形(おざなり)」という言葉で、お客さんの位・質によって態度を変え、位・質が高ければ手厚く扱い、位・質が低い、どうでも良い客であればその場しのぎの適当な対応で済ませるという意味がある
「なおざり」 いい加減で対応もしないこと 「そのままにする」という意味の「猶(なお)」と「何もしないで放置する」という意味の「去り(せざり)」この2つが合わさってできた言葉

「おざなり」や「なおざり」に限らず、私たち日本人にとって難しい日本語表現の言葉が多いですよね。「おざなり」と「なおざり」になってしまうことがあるかもしれませんが、なるべくはそうならないようにしていきたいですね。

「聞く」と「聴く」と「訊く」の違いは何?「きく」という言葉の漢字にはいくつかの種類があり、「聞く」「聴く」「訊く」の3種類があります。 この中でも「聞く」は日常的に使う機...
「アナウンサー」と「キャスター」と「リポーター」の違いは何?「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」、どれもテレビのニュース番組などで司会や解説、ナレーションといった見ている人たちに情報を届け...
「交ざる」と「混ざる」の違いは何?「交ざる」と「混ざる」、どちらも「まざる」と読む言葉ですが、意外にも使い分けが難しくて迷ってしまうことがあります。 「男子の中に女...