違い

「お湯」と「白湯」の違いは何?

お湯」と「白湯」の違いは何かご存知でしょうか。健康のために毎日飲んでいるという方も多いと思いますが、これらの違いは何なのか、どのように違うのか、知っている方は意外にも少ないのではないかと思います。

この記事で、「お湯」と「白湯」の違いについて見ていきましょう。

「お湯」と「白湯」の違い

「お湯」と「白湯」の違い

「お湯」と「白湯」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • お湯」:水に熱を加えて熱く、もしくは温かくしたもの
  • 白湯」:沸騰させた「お湯」を飲めるくらいまで冷ましたもの

「お湯」と「白湯」は結果的に全く同じものになることもありますが、大きな違いは1度沸騰させたかどうかにあります。

「お湯」「白湯」とは

「お湯」「白湯」とは

「お湯」について詳しく

「お湯」とは水に熱を加えて熱く、もしくは温かくしたものです。

「お湯」は、水に熱を加えて熱くしたもの、温かくしたものを指し、そこに沸騰したかどうかは関係ありません。100°でも50°でも、水に熱を加えたものであれば「お湯」となります。

また、特にその「お湯」が熱い場合は「熱湯」という呼称になります。

「白湯」について詳しく

「白湯」とは沸騰させた「お湯」を飲めるくらいまで冷ましたものです。

「白湯」という表記で「さゆ」もしくは「しらゆ」と読みます。中国では「白湯(パイタン)」というスープ料理があり、漢字は全く同じですが意味は異なります。

「白湯」は沸騰させた「お湯」を飲めるくらいまでに冷ましたもので、「お湯」とは異なり、そこに「沸騰」という過程が必ず入ります。なので、同じ温度の水であっても、沸騰させていないものであれば「お湯」となり、1度でも沸騰させたものであれば「白湯」となります。

「白湯」を飲む際の適温は50°程度とされており、一日の摂取量目安は700〜800mlと言われています。「白湯」は沸騰させることによって不純物が取り除かれた「純水」という、古くからある考えから生まれたもので、「白湯」を飲むことによって、基礎代謝の向上、胃や腸の働きをよくする、肌荒れの改善、冷え性の解消、リラックス効果など、様々な健康効果があり、注目されています。

「お湯」と「白湯」の違いは何?まとめ

お湯 水に熱を加えて熱く、もしくは温かくしたもの。沸騰したかどうかは関係無い
白湯 沸騰させた「お湯」を飲めるくらいまで冷ましたもの。「お湯」とは異なりそこに「沸騰」という過程が必ず入る

「お湯」と「白湯」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「影」と「陰」の違いは何?「影」と「陰」はどちらも「かげ」と読みますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。漢字が違うだけで意味が同じものと考えられてしまいがちで...
「大雨」と「豪雨」の違いは何?大気が不安定になると、突然の「大雨」や「豪雨」に見舞われてしまうので、暑い日は特に、それらに備えた準備が必要になっていきます。ただ、ここ...
「深夜」と「夜中」と「真夜中」と「未明」の違いは何?「夜」を表す言葉に「深夜」「夜中」「真夜中」「未明」などの言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。ニュースなどの報道番組で...